2009年02月22日

ようやくお雛飾り登場

ようやく我が家もお雛飾りを出しました。
娘と一緒に出す予定でしたが、娘が寝てしまったので、残りの家族で飾り付けをしました。
毎年の事ですが(といってもまだ3回目ですけど)飾り付けが分からず、人形のパンフレットを見ながら飾り付けています。

我が家は大きな雛壇は置けないので、男雛・女雛の一段飾りですが、それでも細かなパーツがあり、飾り付けるのに時間を要します。
昔ながらの雛壇だと、かなりの時間を要するのでしょうね。
託児所にも雛壇が飾られていましたが、きっと先生方が時間をかけて飾って下さったのだと思います。

娘ももうすぐ3歳になるので、お人形さんにも興味が出てきて、最近は託児所の人形を使って遊び、自分がお母さんになったつもりでいるようです。
雛人形を見て、遊ぼうとして持ったりしないか心配です(^^;)
雛人形は繊細な作りですからね。

飾り付けてしばらくしてから目を覚ました娘。
お雛さまの存在を教えると、興味津々で見つめていましたが、心配していた行動はしませんでした。
子供ながらに分かるのでしょうか?

昔ながらの日本の伝統行事。
最近は住宅事情から、大きな雛壇は置けない家が多いと思いますが、小さな雛飾りでも飾って娘の成長を願う事が大切だと思います。
来年くらいからは、娘も飾り付けを手伝ってくれる事でしょう。
健やかに育って欲しいと願いながら、お雛さまを娘と共に見つめていました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549365
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック