2009年02月20日

マスコミがしつこいので私もしつこく(笑)

相変わらず続いていますね。
中川昭一元財務・兼金融担当相への批判報道。
最近のマスコミの報道に「まるでいじめだ」と思うのは私だけでしょうか?
ここぞとばかりに、中川氏の過去の失態や、酒にまつわる失敗談みたいな噂を、まるでその場にいた人間のように報道する。

もうね〜正直ウンザリですわ。
マスコミはワイドショーと政治ニュースを同じ物として見ているのですね。
そして国民はそれを鵜呑みにして、自分の頭で考える事もしないでマスコミの報道に流される。
全くフェアではありません。

よく芸能人がマスコミのしつこいまでの報道によって、自体を悪化させているケースを見受けます。
芸能人ではありませんが、若貴兄弟の確執を大きく取り上げて、マスコミが傷口を深くした感が否めません。
森進一・森昌子夫婦の離婚の時も、マスコミの異常なまでの報道で、夫婦間に大きな溝ができたような気がしています。

マスコミとは一体何なのでしょうか?
少しでも間違いがあると、ヒステリックな程にバッシングをするマスコミ。
しかし、それはフェアに行われてはいません。
マスコミにとってあまり好ましくない存在ほど、厳しくバッシングされます。
しかし、マスコミ自体が間違いを犯した時。
マスコミはバッシングされるでしょうか?
それどころか謝罪をするでしょうか?

今やこの日本において、マスコミは怖いもの知らずです。
自分たちに都合の悪い人間は、自分たちの報道によってバッシングし、自分たちに都合の悪いことは報道をしません。
政治家もマスコミの顔色を見ながら、言葉遣いひとつを気をつけながら答弁をします。
マスコミにとって何かひとつでも気になる言葉があれば、その部分をピックアップして徹底的に報道をします。
何度も何度も何度も、繰り返し報道する事で、視聴者は洗脳に近い状態になっていきます。

今の中川昭一元財務・兼金融担当相の事にしても、麻生総理の漢字読み間違いにしても、そんなに報道する必要の物でしょうか?
それよりももっと実質的な内容を報道して頂きたいものです。
マスコミが報道しない部分こそ、真実が隠されているのだと思います。
麻生総理のこれまでの実績、中川昭一元財務・兼金融担当相のこれまでの実績、そしてG7での内容。
逆の見方をすれば、その実績を隠すために、失敗の部分を強調しているといえるのではないでしょうか?

よく他人の陰口を言う人がいますが、そんな人に限って、自分自身は何も出来ない人が多いんですよね。
人の悪口を言って、その人の評価を下げる事で、自分の方の評価を上げようとしているのだと思います。
最初はその悪口を真実だと思って聞きますが、何度か聞いている内に、事実とのズレに気づいてきます。
最終的にはその悪口を言う人を信用できなくなるのですが、まさに今のマスコミがその状態だと私は思います。

ネットでは私と同様に、今のマスコミの偏向報道に警報を促している人が数多くいます。
私もネットで様々な真実を目にして、自分がマスコミに騙されていた事に気づきました。
だからといって「テレビを見ない」という訳ではありません。
テレビの報道を鵜呑みにしないで、自分の頭で考えて判断するようにしています。

忙しい現代社会、洪水のように押し寄せてくる情報ですが、しっかりと自分の考えを持って情報を判断することが必要です。
今、日本は本当に重要な岐路に立たされていると思います。
マスコミの報道を鵜呑みにしないで、自分の頭でしっかりと考える習慣を身に付けていきましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549363
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック