2009年02月18日

ぜひ見て欲しいのです

1週間の真ん中、水曜日です。
そして気がつけば、もう2月もあと10日しかありません。
2月は特に短いですからね。
あっという間に終りそうです。
本当に年と共に、月日の流れが早いです(@@)

毎日ドタバタと過ぎていきますが、最近寝る前に数分から数十分、YouTubeやニコニコ動画を見る機会が増えています。
自分の知らない情報やニュースが見れたりする事があるので、寝る前についつい見てしまう事が多いです。

ネットの動画やブログを見る事で、知らなかった真実に出会う事が多く、今まで疑問に感じていた事がスッキリと解消した事も多いです。
特に大東亜戦争(太平洋戦争:日本は欧米諸国の植民地支配に抵抗するための戦争として大東亜戦争と謳って来ました。太平洋戦争は戦後アメリカが書き換えた名称です。)の事に関しては、これまで「日本は戦争をした悪い国」という認識のもと育ってきましたが、数々の動画を見て、また本を読んで、真相が見えて来ました。

そして先日、またひとつ大東亜戦争に関する動画を見つけました。
大東亜戦争に至る経緯は、日清戦争・日露戦争まで歴史をさかのぼらなくてはいけません。
今回見た動画は、その歴史をとても分かりやすく紹介していました。
靖国神社で放映される予定だった物が、中国・韓国の圧力により中止に追い込まれたようです。
何故、中国・韓国が圧力をかけてきたのか?
それは動画を見れば納得できます。

これまでの「日本は戦争をした悪い国」という概念が打ち砕かれてしまうからです。
中国・韓国にとっては、日本はいつまでも「日本は戦争をした悪い国」でなくては困るのです。
田母神元航空幕僚長は、まさしくこの動画の内容の事を、ずっと言い続け論文にし、問題とされて首を切られました。

「戦争」と言う文字を見るのも嫌だ・・・・という人も多いでしょう。
「日本は今、平和なのだから、何も過去の事を呼び起こさなくても」と思う人もいる事でしょう。
しかし、この動画を見れば、何故日本が戦争をしなければならなかったのか。
私たちの先祖の英霊達は、どんな思いで戦ったのか。
今の平和な時代は、一体誰のおかげなのか。
とてもよく分かると思います。

何も強制するつもりはありません。
ただ、日本人として、日本人の悲しく辛い歴史に目をそむけてはいけないと思います。
是非一度見て頂けたらと思い、ここに紹介したいと思います。
そして、動画を見て思う事があれば、それを周囲の人に伝えていってほしいのです。
私たちが変わらなければ、国は変わりません。













posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽/映画
この記事へのコメント
まだパート2までしか見ておりませんが、今こそ臥薪嘗胆が再び必要だと感じます。お兄さんを大東亜戦争で亡くされた女性の「今の若者は人殺しはするが、国のために自分の命を捨てることはしないだろう」との言葉が印象的でした。
国際的なアンケートでは、日本だけが際立って、国家のために戦うと言う人が少ないんですね。
高村光太郎の詩も、あの当時の日本人の欧米列強の強欲に対する素直な感情を代表していると思います。あの当時の時代の雰囲気を出来る限り想像をたくましくして共感すること、それが大事ですね。

↓これは私が見つけた、ある若者が作ったフラッシュです。日教組教育の洗脳から解放されて、真実に目覚めて作られたものです。

「大和@」
>> http://f45.aaa.livedoor.jp/~crazy/yamato/yamato1.htm
Posted by 春眠 at 2009年02月22日 09:06
春眠さん、見て頂いてありがとうございます。
この動画、春眠さんから頂いた「大東亜戦争は何故起ったか」の本の内容が、そのまま動画になった感じがしています。
そして田母神前航空幕僚長の伝えたかった内容そのものだと思います。
とても分かりやすく、そして日本人の心が描写されているので、多くの人に見てもらいたいと思って紹介しました。
今の日本人の多くは、「国のために何が出来るか」では無く「国が何をしてくれるか」という考えなのでしょう。
「国を守る」では無く「国が守る」になっています。
だから民主党の「国民の生活が第一」という甘いささやきに乗ってしまうのでしょう。
国民が奮起しなければ国は変わりません。政治がどうのこうの言う前に、国民が変わらなければいけないのです。
先人たちの国を想う尊き心の、十分の一でも私たちが持つだけで、この国は変わると思います。

お勧めのフラッシュ、アクセス出来ないのですが、消されてしまったのでしょうか(^^;)
Posted by island at 2009年02月23日 09:24
私も自分が貼り付けたフラッシュをクリックしてみましたが、観られましたよ。
パソコンて意外と繊細と言うか融通が利かなくて、こういうあちらでは観られたがこちらでは観られない、と言う現象がありますね。
5分ほどにまとめられたもので、実にスマートに格好よく創られていますので、是非ご覧になって欲しく、メールで送りますね。
Posted by 春眠 at 2009年02月23日 10:05
春眠さん、やっぱり見れません(^^;)
メールでも確認したのですが、やっぱりダメですね。
何故かGoogleのトップページに飛んでしまいます。
見れないとますます見たくなってくるのが、人間心理う〜〜〜〜ん見てみたい(笑)
Posted by island at 2009年02月23日 14:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549361
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック