2009年01月09日

日本を学ぼう

正直に申し上げます。
私は子供の頃から勉強が嫌いでした(^^;)
何を今更・・・・と思われるかもしれませんが、頭悪かったので勉強しても身に付かなかったんですよね(笑)
その前に勉強しようという姿勢が無かったのですが(爆)
子供の頃から物を作ったり、絵を描いたり頭の中で想像する事が好きでした。
それが結局今の仕事に結びついているんだと思います。

今仕事に結びついているのならOKじゃん。って思うかもしれませんが、何事においても無知であるのは損です。
漢字ひとつにとっても、ことわざひとつにしても、知っているのと知らないのでは、仕事の幅が大きく変わってくると思います。
こうやって文章を書く事も、もっともっと子供の頃から本を読んで勉強をしていれば、まともな文章をかけたかも知れないのに・・・・(--;)

私が特に嫌いだった科目が、数学と歴史でした。
数学はとにかく計算が苦手だったこと。
そして歴史は本当に興味が無くて「なんで昔のことを知らないといけないの?」とすら思っていました。

しかし、今となって自分の歴史嫌いが本当に仇となっているなぁ〜と思います。
自分の国の歴史に誇りを持っていなかったという事と、その素晴らしさに気づいていなかったという愚かさを、今切実に感じています。
日本という国がどのような国であったのか。
今さらながら勉強し直して、日本という国を見つめ直してみたいと、切に感じています。

私たちが住んでいる日本という国が、いかに素晴らしい国であるのか。
誇れる歴史と文化を持った国であるのか。
私たち日本人は、もっともっと日本を知り、日本を愛し国を守っていかなくてはいけません。

昨年、毒ギョウザ問題を始め、中国をからめた様々な問題が浮上しました。
これまで中国に対して友好的なイメージを持っていた人も、一気にその想いを一変させた人も多いのではないでしょうか。
私たちの日本では到底考えられない事が、中国では普通に起きている現状。
いかに日本という国がまともな国か分かります。

そこへ田母神氏の論文問題が出てきた事により、これまで「日本は戦争責任がある」悶々としてといた国民の気持ちを、まるで綺麗な布で埃を拭き取るようにスッキリとさせたのではないでしょうか。
田母神氏の「日本は良い国だ」の言葉に、多くの国民がうなずいた事と思います。

私ももっともっと愛国心を持てるように、「日本はこんな歴史があり、こんなに良い国だ」と胸を張って言えるように、小学生に戻った気持ちで、一から歴史を勉強し直したいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
寒くなりましたが、頑張って下さい!!!応援しますね!!!遊びに来てね!!!
Posted by アフィリで楽しく毎日が給料日@中里 at 2009年01月11日 04:49
はじめまして。
コメントありがとうございます。
これからもよろしくお願いしますね。
Posted by island at 2009年01月12日 12:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549322
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック