2009年01月04日

子供向け番組に思う

元日以来、殆ど外に出ていない私(笑)
息子と嫁さんは、二日の新年会の買い出しで、ちょこっとだけ出かけていますが、私と娘は二日間ずっと家の中です。
さすがに娘もストレスが溜っているようだったので、お昼から貰ったお年玉を一部使って、それぞれに欲しいものを買う事にしました。

向かった先はいつものジョーシン。
電機量販店ですが、キッズランドというおもちゃ屋さんも入っているので、そこで好きなものを買う事にしました。
息子は当所、Wiiのソフトが欲しいと言っていたのですが、ジョーシンに着くと突然欲しいものを変えました。

しかしその欲しいものは、私たちが以前からなるべく買わないようにしている物。
それはカードゲームのカード。
「別にカードくらい・・・」と思われるでしょうが、このカードには困っているのです。
テレビでやっている「バトルスピリッツ」という番組のカードで、物凄い数の種類があり全部揃えるととてつもないお金になります。
それに、以前も何枚か買ってあげたのですが、ズボンのポケットに入れたまま洗濯してしまったりと、全く大事に扱ってくれません。

本人は「大切にするから」と言うのですが、これまでもそう言われて2〜3回買い与えましたが、家中にカードが散らばっていて、全く大事にしている感はありません。
これまでも「ムシキング」等の対戦型ゲームで、カードを買い与えた事がありますが、流行りが過ぎるとあっという間に紙くずになってしまいます。
この「バトルスピリッツ」もその可能性大です。

息子はこの番組を楽しみに毎週見ているのですが、親の立場からすると本当に止めて欲しい番組です。
よく「クレヨンしんちゃん」が、子供に見せたくない番組で批判されますが、私に言わせればこの「バトルスピリッツ」の方がよっぽど見せたくありません。
何が嫌かって、始めからカードを売るのを目的として作られているのが明かだからです。
番組の内容そのものが、主人公がカードゲームで戦っていく内容です。
子供達はそのカードゲームを買って、主人公になりきったつもりでゲーム対戦して遊ぶのです。

本当に最近のアニメ番組やヒーロー番組は、子供を食い物にしている気がしてなりません。
子供達にカードやおもちゃを買わせるために、毎年毎年新しいヒーローを送り出し、あらゆる付属品を作り出し、あの手この手でおもちゃを生み出します。
アンパンマンやドラえもんのように定番のアニメなら良いのですが、戦隊ヒーローや仮面ライダーに関しては、完全におもちゃメーカーとのタイアップです。
おもちゃ売るのが一番の目的になっているのが、目に見えて明かです。
そして「バトルスピリッツ」も全く同じです。

私が子どもの頃には、名作劇場などのアニメや、「まんが日本昔ばなし」などのアニメがありましたが、今はそんなアニメは見当たりません。
何故か・・・・おもちゃとして売れないからです。
おもちゃと言う物は、子供達に夢を与える物だと思います。
しかし、今のテレビ番組とおもちゃメーカーのタイアップは、子供から夢を奪っています。
子供達はおもちゃに溢れて埋もれてしまい、そこに夢を見る事はありません。
新しいヒーローが出てくれば、今まで遊んでいたおもちゃはゴミ同然の扱いになります。
与えられるものを、ただただ受入れ飽きたら次の物を受入れる。
こんな状態で、子供が物を大切にする心を持てる訳がありません。

そんな理由で、私たちは息子にはヒーロー物や、流行りのカード等はなるべく買い与えないようにしてきたのです。
しかし、クリスマスからお正月にかけて、息子は何かとすれば「バトスピ(バトルスピリッツの略)のカードが欲しい」と言います。
全く持っていないのならまだしも、何枚か持っていてまた欲しいのです。
人間の心理で持っていないカードがあれば欲しくなるのは当然です。
これは完全にメーカーの戦略ですね。沢山のカードを用意して、子供達の購買意欲をかき立てる。

今日はさすがに私も嫁さんもぶち切れて、ジョーシンでずっと息子と買う買わないで討論していました。
最終的には買わなかったのですが、息子は買えなかった事が悔しかったのか、Wiiのソフトを買ってあげてもメソメソして、最後には泣き出す始末。
傍から見たら「かわいそうに・・・」と見えるかもしれませんが、親としては断固反対でした。

それにしても、最近の子供向け番組とおもちゃメーカーとのタイアップは、いい加減にしてもらえないでしょうか。
子供のためにも絶対に良くないと思います。
親は子供が欲しがると、ついつい買い与えてしまうし、ましてはジジ・ババはさらに財布のヒモが緩むでしょう。
子供向け番組も、もっと真剣に子供の事を考えて制作してほしいものです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(3) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
カード・・
なぜか、我が次男は・・
カードを自ら買わず・・・(−−)

遊ぶ時だけ、友達のを借りて、遊んでいたようで・・・

でも、弱いカードは人気が無いらしく・・
「これ、いらない・・」と少しずつ友達がくれるようになり・・(ちょっとくらい強くても同じカードもいらないらしく・・)

次男は、どんな、へんてこなカードでも、大事にしていた為・・
友達が見せてと着ては・・交換して過ごしていたため・・・

最終的には、50枚以上は持っていたでしょうか・・

しかし・・そのカードも、今では、輪ゴムで縛って・・ホコリをカブっているようです・・

本人に「カード買いたいと思わなかったの」と尋ねたら

「ブームが過ぎたら、いらなくなるでしょ・・そんな物に、お金かけてもショウガナイジャン・・・」と・・・言われ・

なんだか・・・夢の無い・・(当時小4でした)小学生に育っている・・と・・
心配になった事もあるんですよ・・

買いたい物を
反対されて泣く位が、子供らしくていいですよ(^^)
Posted by そら☆ at 2009年01月05日 12:33
わたしも思っていたのですが、最近のアニメとか特撮っておもちゃを売るためにやってるとしか思えないんですよね・・・

おもちゃが人気ないから、売れないからって早期に終了するアニメもあるらしいから・・・

なんなんでしょうねー

昨今「もったいない」精神を大事にしようといわれていますが、まったく逆走してるやん。
なんだかおかしいですね。
Posted by ぢる at 2009年01月05日 15:30
そら☆さん、本当にカードゲームには困ったものです。
完全にカードを売る戦略として、子供のアニメ番組が利用されている状態です。
息子さんは立派ですね。先を見る目があるじゃないですか。
確かに欲しいものを欲しいとねだるのは子供らしいですが、いい加減しつこくてこっちもキレてしまいます。
全く買い与えないのも逆効果だと思うので、勉強やお手伝いを頑張った御褒美として、買い与える事を考えたいと思います。

ぢるさん、同じように感じますか。
本当におっしゃる通りで、おもちゃを売るのが第一の目的になっていると思います。
大人が金儲けに子供を利用すれば、そのツケはいずれ大人に返ってくるでしょう。
それも子供が大人になった時、つまりは大人が高齢者になった時。
物も大切にできない子供が、人(高齢者)を労る事ができる大人になれるハズがありません。
目先の利益ばかりを追求し、本来の「子供達に夢を与える仕事」である事を忘れていると、私は思うのですが。
本当におかしな世の中ですね。
Posted by island at 2009年01月05日 15:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549317
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック