2008年11月03日

やっぱりお母さん好き

本日は「文化の日」でしたね。
しかし我が家は何か文化的な事をするわけでもなく、一日ダラ〜っと過ぎて行きました。
息子だけは朝からWiiでゲームしまくっていましたけどね。
そしてその横には、託児所時代からの友達が一緒にゲームしていました。
実は昨夜、我が家でお泊まりして、朝目覚めから二人でゲームしていたのです(^^;)

昨日、お友達から電話がかかってきて、友達の家に遊びに行った息子。
その後、我が家で飲む事になり、家族で一緒に我が家に来て、お友達だけそのままお泊まりしたのでした。
これまでも何度もお互いの家に泊まっている二人なので、もう慣れっこです。

息子も久しぶりだったので、とても嬉しかったようです。
昨夜はもう一家族飲みに来ていたので、家の中は子供達の声で賑やか・・・を通り越してうるさいくらいでした(笑)
娘も大勢の子供がいて嬉しかったのでしょうね。結構遅くまで起きていましたが、遊び疲れたのか突然寝てしまいました。

娘は泊まったお友達の名前も覚えていて、息子が友達を呼ぶ呼びかたで遊んでもらおうとしていました。
しかし、当然二人の遊びには入っていけず、また邪魔者扱いされたりして、何度も何度も私の所に訴えかけてきました。
娘にとっては遊んでもらえると思っているのでしょうが、小学三年生の男の子にしてみたら、全く遊んであげる気持ちにならないでしょうね。

そのためか、娘はお母さんにベッタリでした。
しかし、そのお母さんも今日は夜勤のため、夕方から出勤です。
それを寸前に知った娘。お母さんが出かけようと鞄を持った瞬間、自分も行こうと追いかけて来ました。
そして自分で靴を履き、自転車を出そうとするお母さんに必死にしがみついています。
仕方なく私が自転車に乗せるふりをして抱きかかえましたが、自転車で走り去って行くお母さんに手を伸ばそうと必死で、大粒の涙と鼻水とで顔をぐしゃぐしゃにしながら泣いてしまいました。

機嫌を直してもらおうと、「アイス食べようか」と食べ物で釣ったのですが、全く受入れず酸欠状態になりながら大泣きしています。
家の中に入れても、すぐに靴を履いてドアを開けようと必死な娘。
ドアを開けてあげると、外にお母さんがいないのを見てまた大泣き。
家の中に無理やり戻すよりは、外を歩かせた方が本人の気が収まるかと思って「お散歩に行く」と聞くと泣きながらうなずきました。

娘の手を引いて、家の前の道を100m程歩いて、稲刈り後の田んぼを見たり、用水路を覗き込んだり、道端の草を見たりしながら、家に戻って来ました。
その後は気持ちも落ち着いたのか、アイスも食べてご機嫌になりました。
これまでお母さんがいく時に、そんなに泣く事が無かったように思っていたのですが、今日は狂ったように泣いていて、やっぱりお母さん大好きなんだなぁ〜と改めて思いました。

泣き疲れたのか、今夜は7時頃に寝てしまい、そのまま就寝してしまいました。
晩ご飯も食べずに寝ています。夜中にお腹空いて泣かなければいいんですが(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549250
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック