2008年10月08日

蒟蒻畑製造中止

TVCMでもよく流れていた「蒟蒻畑」の製造が中止になったらしいです。
この商品、私はあまり買った事はありませんが、咽に詰らせて窒息死する事故が相次いだ事から、一時製造中止になったとか。再開の目処は立っていないようです。
確かにこれまでも何度かそんなニュースを聞いた記憶があります。

しかし、製造中止にすれば全て解決なのでしょうか?
咽に詰らせてしまったのは、殆どが幼児かお年寄りのようです。
蒟蒻畑って結構大きくてゼリー状で、幼児が口にするには大き過ぎる食べ物です。
これをそのまま食べさせてしまう方にも、問題があるような気がします。

蒟蒻畑を口にして窒息死してしまった幼児には、本当に可愛そうなのですが、これをそのまま食べさせてしまう親には問題は無いのでしょうか?
親の知らないところで口にしてしまったのではどうしようも無いですが、これをそのまま1〜2歳の子どもに親が与えていたとしたら、親の責任は無いのでしょうか?
企業側にも商品改良の責任はあるとは思いますが、その前に親が判断することがまず基本だと思うのですが、そう思うのは私だけでしょうか?

全ての事に言える事だと思うのですが、何かトラブルが起きると、すぐに企業や団体等に責任を求める人が増えてきている気がします。
悪い言い方ですが「クレーマー」と呼ばれる人々が多くなってきている気がするのです。
確かにクレームとして企業や団体に伝える必要がある場合も多々あります。
しかし、その前に自分が注意すべき事で、それを棚に上げてクレームを言う人が多い気がしています。

その延長線上が最近話題の、モンスターペイジェントやモンスターペアレントなのでしょう。
自分の権利や主張ばかりで、相手の立場になって考えない人が増えてきているのでしょうね。
私も人の事を言えるような、そんな立派な人間ではありませんけどね。
でも、常に自分の行いや言動を、振り返って反省するようには心がけているつもりです。
自分自身も気づかない内に、モンスター化してしまう可能性は無いとは言えませんからね。

いつも思う事ですが、これってやっぱり日本人の心が失われてきた結果なんですよね。
道徳心や謙虚な心、人を敬う心が捨て去られて、利益と権利ばかりを追い求めた結果なんだと思います。
やはり戦後の教育に問題の一因があった気がするなぁ〜。
蒟蒻畑の改良も必要ですが、我々日本人の心の改良も、もっと必要ですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(6) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
私も全く同感です。
製造中止にまでする企業責任は無いと考えます。
毎年、お正月にお餅を喉に詰まらせて亡くなるお年寄りのほうが、蒟蒻畑で亡くなる人より多いでしょう。
お餅に批難が集中したでしょうか。
お餅の製造を中止したでしょうか。
公園の遊具なども、一人でも事故が起こると、その遊具は撤去される・・・
あまりに過敏な反応で、国民は甘やかされひ弱になる一方ですよね。
もうちょっと、他者に責任を転嫁するのではなく、自己責任を認識して欲しいものです。
Posted by 春眠 at 2008年10月09日 07:38
春眠さんもきっと同じ考えだと思いました。
公園の遊具もそうですよね。
そもそも遊ぶという事自体が、本当は危険な事いっぱいなんですよね。
それを学びながら成長していくわけで、何もかも「危ない」と言って撤去していたら、何も出来ない大人になっていきます。
自分の子どもなんだから、親が目を離さない事、そして「危ない」という事を学ばせる必要性を持たなくてはいけません。
今回の件で、今後も同様の問題が起きる気がします。
何かあれば企業側へ責任を迫るクレーマーが増大するでしょうね。
Posted by island at 2008年10月09日 08:41
私もislandさんと春眠 さんのように・・思いました・・・
ニュースを聞いていて???
納得できないでいます・・
第三者の私たちでさえ、そう思うのですから??
そこで、働いて生計を立てていらっしゃる方々は??どんな思いなのでしょうね??

それと・・製造中止ですけど・・
これまでに入荷した分は販売中止には、なっていないのですよ・・
昨日まで、お店には、品物が届き・・
担当者が、大きな注意書きと一緒に並べていましたよ・・・
Posted by そら☆ at 2008年10月09日 14:40
そら☆さん、いつもコメントありがとうございます。
やはり納得できないですよね。
蒟蒻畑の製造会社のワンナンライフは、この蒟蒻畑シリーズが売上の90%を占めていたようですから、これは死活問題です。
私としては、よほど汚染米や毒ギョウザの方が大問題だと思うのですけどね。
子どもの命が失われているので、簡単には言えませんが、やはり親の責任の方が大きいと、私は思います。
Posted by island at 2008年10月09日 15:43
私も同感です。

そもそもこれだけメディアが「こんにゃくゼリーは危険ですよ。お年寄りや子供にあげちゃダメですよ」って言ってるのに、それでもあげるのは、そりゃ親が悪いですよ。
誰も幼児にタバスコを与えたりしないし、そんなことしたらダメって常識の範囲で知ってるでしょぅ。
それと同じで、こんにゃくゼリーもあげちゃいけないもののひとつにすぎないのになぁ。
マンナンライフがいかにして、あの規模の会社になったかの話を昔読んだことがあるだけに、ものすごく気の毒です。

それにしてもなんか問題が起きると「注意しましょう!」じゃなくて、問題そのものを取り除こうとしてますよね。
こんなことしてたら、危険回避能力のかけた大人ばっかりになっちゃうと思うのだけれど・・・

亡くなったりケガした子供はかわいそうだけど、でも小さいときから何が危険か教えるのもすごく大事だと思います。
私は子供のころに父親に毒蛇と触っても大丈夫な蛇の絵を描いて説明されましたよ(笑)

なにがよくてなにがダメなのか、冷静に考えられる大人にならないとですね。
Posted by ぢる at 2008年10月10日 11:22
ぢるさんも同感ですか。
やっぱりおかしいですよね〜。
おっしゃる通りで、「注意しましょう」「気をつけましょう」の部分を取り除いても、何も問題解決にはならないんですけどね。
人が生きて行く中で、危険はそこら中にあります。
それを「危ないよ」と教えてあげるのが親の努めだと思うんですけどね。
それにしてもお父さんは、毒蛇を絵に描いて教えるなんて凄いですね。
Posted by island at 2008年10月10日 14:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549222
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック