2008年09月22日

やっぱり麻生さんでした

ついにと言うか。やっぱりと言うか。
自民党の総裁選は麻生太郎が圧勝で、麻生総裁が誕生する運びとなりましたね。
麻生内閣として発足することになるのですが、すでにマスコミでは解散総選挙の日取りまで報道され始めています。
「選挙のための総裁選だ」と厳しく批判しながら、方や「解散総選挙はこの日になる」なんて、マスコミも相変わらず身勝手ですね。

マスコミは時期早々に解散総選挙が行われると見ているようですが、実際どうなんでしょうね?
確かに麻生内閣で少しでも支持率を上げ、自民党の人気を回復してから総選挙を行いたいところでしょうが、状況は刻一刻と変化していきます。
現に総裁選の間に、事故米問題やアメリカのリーマン破綻など、様々な問題が出てきています。
単に人気回復だけ狙って総選挙しても、国民はそこまでバカではありません。
それよりは様々な問題に真剣に向き合って、一生懸命頑張っている姿を国民に見せてから総選挙した方がまだ支持率は高いと思います。

何も自民党に期待している訳ではないのですが、少なくとも福田内閣よりはまともかな・・・と思ってしまうこの虚しさ。
だからと言って民主党に期待できるか・・・・・と言うと、こちらも単に政権交代だけを考えているようで、あまり期待はできません。
だいたい民主党が掲げている「構想道路の無料化」「子供手当て」なんて、一体どこから財源を引っ張ってくるのか?
単に聞こえが良い「美味しい餌」としか感じられない私はひねくれ者でしょうか(笑)

テレビCMでも民主党はイメージ的戦略を始めました。
さも国民の声を聞いて回っている政党のようなイメージのCMを流しています。
でも中身が何も伝わってこないですよね。
政党としての方針や公約が全く見えない。単に「国民の声を反映します」みたいな、本当に曖昧なイメージです。
素直な気持ちで見れない私は、やっぱりひねくれ者ですね(笑)

さて、いよいよ麻生内閣がスタートする訳ですが、果たしてマスコミの予想通り時期早々に解散総選挙を行うのか。
私としては精一杯頑張って成果を出して欲しいと思っています。
福田内閣では出来なかった事を、麻生内閣で出来る事もあると思います。
特に外交に関しては、もっと強気な姿勢で対応して、様々な問題を解決して欲しいと願います。
国民は解散総選挙よりも、より首相らしい首相。頼れる政権を期待しているのです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
個人的なお付き合いがないので・・(有るわけないのですが・・笑)
どんな方なのか??全く分からないけど・・

とても、裕福なご家庭に生まれて・・
お先祖も親族も有名な方ばかり・・
偏見かもしれませんが・・
お金の苦労された事なんて??ないのでは??なんて・・思ってしまいますね・・

庶民の価値観が??どのくらい??分かっていらっしゃるのか??
聞けるものなら、聞いてみたいですね・・・
Posted by そら☆ at 2008年09月23日 23:24
そら☆さん、政治家に庶民の価値観を求めるのは難しいですね。
庶民と同じ生活をしないと苦労なんて分かりませんからね。
政治家(特に国会議員)の方には、真剣に国や国民の事を考え、命をかけて欲しいと思います。
そのために我々の税金から、高いお給料を支払っているわけですからね。
真剣に議論して命をかけて取り組んで欲しいです。

麻生さんがどこまで真剣にできるのか。お手並み拝見といったところですね。
福田さんがあまりにも酷かったので、ちょっとした事でも評価してしまわないように、注意しながら見守らなくてはいけませんね。
Posted by island at 2008年09月24日 08:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549206
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック