2008年08月05日

本当に大丈夫か!?北京オリンピック

いよいよ北京オリンピックが目前に迫って来ました。
しかし、テロや暴動など、違う意味で注目を集めるオリンピックになっていますね。
全く競技の方が注目されていない・・・・いや、されているのだろうけど、他の事に目が移っているのが現状なのでしょうね。
こんなオリンピックって選手達には可愛そうですね。
そんな中でも選手達は精一杯頑張ってくれることを期待します。

それにしても本当に今回のオリンピックはおかしな事だらけです。
何でも応援の方法にも規制があるようで、横断幕や鳴り物禁止、そろいの服装や特定の名前や国名が入った文字も禁止・・・・って、じゃぁ一体どうやって応援するの?
国旗の大きさにも規制があるようで、大きな国旗はダメらしい。
一体こんな規制して何の効果があるのでしょうか??

私の勝手な想像なのですが、この規制を日本人が守ったとしても、諸外国や当の中国は守らない気がしてならないんですけどね。
守らなかった場合どうなるのでしょう?
警察がやって来て取り締まるのでしょうか?

横断幕も鳴り物も禁止の応援。想像できません(笑)
これが実際に規制されて実行されたとして、その映像が全世界に放映され歴史の記録として残るのです。
「北京オリンピックはこんなに規制されて、自由な応援も出来ないオリンピックだった」という事実を、残す事になるのですが、それを承知でもここまで規制しなくてはいけないのでしょうか。

先のチベット問題、それ以前からずっと中国国内で起きている暴動や政府に対する反感。
さらにもう忘れ去られたのかとすら思ってしまう、四川省の大地震の被害者の怒り。
オリンピック開催のために、全ての物を犠牲にすらしているようにも感じる中国政府のやり方に、各地で暴動が発生し始めています。
それを抑えこもうと、更なる厳戒態勢を敷いてあらゆる規制を行う事で、今回の応援の規制まで広がったのだと思います。

本来は楽しいはずのオリンピックが、テロや暴動に脅えながらのオリンピックになっているのは本当に残念です。
この時点ですでに北京オリンピックは失敗に終ったと言ってもいいでしょうね。
国民全体で盛り上げるべきオリンピックが、国民を犠牲にして上辺だけで盛り上がったふりをしても、何も意味を成しません。
でも、中国政府はきっと「大成功だった」と報道すると思いますけど。

世界中の選手、そして観客が集まるオリンピックです。
事件・事故が起きないように、中国政府にはしっかりと警備をしてもらいたいところです。
何事も無く無事に終ってくれることだけを期待しています。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549158
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック