2008年07月05日

毎度の夏祭り

今日は娘の通う託児所の夏祭りがありました。
息子も娘も浴衣に着替え、夏祭りの会場へと足を運びました。
娘は二度目の夏祭り。
息子は託児所時代に、ずっと参加していた夏祭りなので、もう慣れています。

息子は今回、託児所卒の小学生と言う事で、3年生以上は模擬店のお手伝いがありました。
息子の担当は「的あて」。嫁さんと二人で「自分が的あてして遊ぶんちゃうか!?」と冗談で笑っていました。
しかし、こっそり覗きに行くとちゃんと先生のお手伝いをしていたので、ちょっとビックリしました。
親が見ていない所では、意外としっかりとしているのかも知れないなぁ〜と、思った瞬間でした。

しかし、お手伝いの時間が終わって、次の人に交代した瞬間。
同じ託児所時代のお友達と、風船で作った剣を振り回し、はしゃぎ出す息子。
その姿は託児所時代に夏祭りに参加していた姿となんら変わりありませんでした(^^;)
小どもっぽさと、ちょっとお兄ちゃんになった部分と、両方持ち合わせながら成長しているのでしょうね。

娘は・・・・と言うと、昨年はまだ1歳だったので、何も解らない状態だったのですが、今年は「何か楽しそうだ」というのが解るようです。
模擬店を次々と回っては、綿菓子・駄菓子・たこやき・そうめん・風船・お面・ヨーヨー釣りと、あらゆる物をゲットして喜んでいました。
男の子と女の子の違いなのでしょうか。それとも娘の個性なのでしょうか。
とにかく積極的でした(笑)

夏祭りの最後は「アンパンマン音頭」に合わせて、子供たちが皆で輪になって踊るのですが、娘はまだ踊れないので輪の外で見ていました。
しかし徐々に皆が踊っているのを見て、真似を始めました。
そこへちょうど先生がやって来て「いっしょに踊ろう」と誘ってくれました。
嫌がるかと思ったら、すんなりと輪の中に入り、自分なりに踊っていました。
曲の終りの頃だったので、ちょっとしか踊れませんでしたが、娘も満足そうに踊っていました。

毎回参加する託児所の夏祭りですが、先生方が本当に頑張ってくれるので、子供たちも楽しく参加しています。
先生方も浴衣姿で、夏らしさを一気にもり立ててくれました。
これからいろんな所で夏祭りが始まります。
また子供たちに浴衣を着せて、夏を楽しみたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549126
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック