2008年06月24日

よく考えてみよう

今日、何気なく点けていたテレビを見ていて、とても気になった事があった。
何の番組だったのか解らないが、大阪の大家族のドキュメンタリーでした。
大勢の子供を抱えたお父ちゃん・お母ちゃんが、大奮闘するよくあるドキュメンタリー番組です。

気になったのは番組の内容ではなく、途中で出てきた入浴シーンです。
小さな男の子達が、元気にお風呂に入っている様子を映し出しているのですが、男の子の全身が映し出される度に、股間の部分に「禁」の文字が入ったマークが映るのです。
そう、よくお笑い芸人等がスッポンポンになった時に、股間の部分を隠すために使われる手法です。
お笑い芸人の場合は大人ですから、当然隠してもらわなければ困ります。
でも、小さな3歳くらいの男の子の股間を隠す必要はあるのでしょうか?

そう言えば、だいぶ前にネットのニュースで、テレビ画面で男の子の幼児の精器を映してはならない事になった・・・ような記事を読んだ記憶があります。
その時は「なんちゅうくだらない事を・・・」と思いながら読んでいました。
しかし、今日、実際にその映像を見て、さらに「全く持ってくだらない」と感じました。
一体何のためにそんな事をする必要性があるのでしょう。
幼児の男の子の精器が映し出される事が、猥褻な映像とでも言うのでしょうか?

以前読んだ記事では、幼児への性的欲求願望のある人への刺激になる・・・・みたいな説明がありました。
本当にそうなんでしょうか。何か根拠となるデータでもあるのでしょうか?
単に手っ取り早いから・・・みたいな感じがしてどうもふに落ちません。
私は逆に子供の股間に「禁」マークが付いて回る事が、逆に猥褻なイメージに見えてしまうのですけど。

こんな事したって何の解決にもならない気がしてなりません。
幼児への性的欲求願望のある人間を、こんな事で防げる訳ないじゃないですか。
もっと根本的な問題があって、そちらを解決する方が先だと思います。

似たような感情を持ったのが、数日前にmixiのニュースで見かけた記事。
共働きの夫婦では、家事に使う時間が、妻が4時間なのに対して、夫は僅か31分だという記事。
しかし、よく読んでみると共働きの定義がおかしい。
共にフルタイムで働いているのではなく、妻の場合はパートでも共働きとなる。

普通に考えたらパート勤務の妻と、フルタイムで働いて夜の7〜8時に帰ってくる夫と、一緒に考えて比べる事自体がおかしい。
でも、mixiではその記事を読んで、日記に書いている人が沢山いて、男女平等を訴えている人もいた。

何事においてもケースバイケースが必要です。
各家庭によって状況は大きく異なるのです。
我が家のように、二人ともフルタイムで働き、さらに嫁さんの方が仕事が遅いとなると、必然的に家事をする時間は、夫である私の方が多くなります。
しかし普通の家庭は違うハズです。
確実的に夫の方が帰ってくるのは遅い事が多いハズなのです。

各家庭において、夫婦間で協力して、家事をこなしていく。
どっちが家事の時間が多いなんていうのは問題ではないのです。
それをいかにも「夫が家事に非協力的」のような記事にしたてあげ、それを鵜呑みにして問題意識にしてしまう事が大問題だと思います。
もっと自分の頭で考えて、何をすべきか考えましょうよ。

日本人はやはりマスコミに躍らされている気がします。
情報を鵜呑みにするのではなく、そこから情報を読み取り、自分の頭で考え判断することをしていかなくてはなりません。
「難しい事は考えたくない」「解らないからどうでも良い」そんな風潮が日本中に広がっている気がしてなりません。
そう言う私も、つい最近までマスコミに躍らされていました。
皆さん、自分の頭で考え、自分で判断できる人間になるように頑張りましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549115
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック