2008年06月10日

息子の本音

今日は息子の授業参観の日でした。
いつもなら、嫁さんが仕事なので私が授業参観へ行くのですが、今日は偶然にも嫁さんが休み。
3年生になって初めて・・・いや、1年生の時以来のお母さんが授業参観に来る事で、息子はよほど嬉しかったのでしょう。
先生に「今日はお母さんが来る」と報告していたようです。

そして今日の授業参観は家庭科でした。
授業でパフェを作って、親子で食べるらしいのです。
よ、良かった、今日は嫁さんが出席できるので助かりました。
さすがに普通の授業参観なら、私が行って授業を見るだけでいいのですが、今日はさすがにきつかったと思います(^^;)
嫁さんが休みなので、娘も託児所休みで娘も一緒に授業参観に行ってきました。
喜んでパフェを食べ、コテっと寝たようです(笑)

嫁さんが帰ってきてから、あるプリントを見せてくれました。
それは、子供たちに家庭での事をアンケートした「子どもの本音チェック」というプリント。
いくつかの質問があって、答えを複数の回答から選ぶアンケート方式です。
そのアンケートを見てドキッとしてしまいました。

1.あなたは家でよくほめられますか。
1)よくほめられる 2)時々ほめられる 3)あまりほめられない 4)ほめられない
息子の回答は 3)

2.今まで家の人に一番ほめられたことは何ですか。
息子の回答は「あみどのしゅうりで」

3.あなたは家でよくしかられますか。
1)よくしかられる 2)時々しかられる 3)あまりしかられない 4)しかられない
息子の回答は 1)

4.今まで家の人に一番しかられたことは何ですか。
息子の回答は「ゲームをしすぎた」

5.家の人はあなたのことをどんな子だと思っていると思いますか。
息子の回答は「ふつう」

6.家の人はわたしのことを
1)好き 2)少し好き 3)少しきらい 4)きらい
と思っています。(1つ選んで○をつけます)その理由は

息子の回答は 2)
その理由は「このごろちゃんとしているから」

7.家の人にたいして言いたいことを書きましょう。
息子の回答は「ありがとう」

この息子の回答を見て、やはり叱り過ぎていると感じました。
特にドキッとしたのが、6の回答です。
少し好きに○をつけていますが、一度 3)の少しきらいに○をつけて消した後がありました。
息子の心の中では、ほめられることが無く叱られていて、少し嫌われていると感じているようです。

これは大いに反省しないといけない事です。
息子のだらしない態度や、約束を守らない行動に、ついつい叱ってしまいそれが習慣化してしまっている事に、私自身も気づいていながら、イライラとして必要以上に息子にあたっていた気がします。
最近息子の口癖で「どうせ俺が悪いんだろ」と言う言葉を聞くようになりました。
この言葉がアンケートの結果を如実に現しています。

しかし今日も息子はわがままを言い、嫁さんを怒らせてしまいました。
きっと本人の中でも分かっているのですが、ついついわがままを言いたくなるのかも知れません。
ここで上から怒鳴りつけては逆効果なので、今日はじっくりと話し込むようにして、言い聞かせました。

日頃、どうしても下の娘に手を取られてしまう事が多く、息子の気持ちの中で寂しい部分が出ているのかも知れません。
わがままを言ったり、すぐに拗ねて親を困らせたりするのも、おそらく言葉に出来ない自己表現なのでしょうね。

私の意識の中でも、成長している息子を見ていて、知らず知らずの内に「出来て当たり前」「何故出来ない」と、勝手にハードルを作っていたようです。
よく考えたら、まだ8歳です。出来ない事が当たり前なのです。出来た時にちゃんと褒めてあげなくてはいけないのです。
頭では理解していたつもりでしたが、やはり「やってるつもり」でした。
今日のアンケートを見て、息子の無言の訴えを見せられた思いでした。

本当に子育てって難しいですね。
明日から、もう一度やり直すつもりで、また頑張りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:33 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
お子さんの本音がわかってよかったですね
心を思いあう姿勢は いつも必要だと思います
家族を大事にしていきたい
叱るのも大事ですが よりよくほめる
ほめるタイミングも逃がさないように
甘やかさないで かつ 愛をしっかり伝えたいものです
かわいい男前の彼によろしくです
Posted by Anne at 2008年06月11日 00:58
Anneさん、ほめるタイミングって難しいですね。
甘やかさずに、それでいて愛をしっかり伝える。
常に子供の気持ちになって接していかないと、ついつい上から押し付ける事に気づかずに子供を傷つけてしまいます。
家族を大事に、子供との心の触れ合いを大切に、子育て頑張りたいと思います。
これからも子育て先輩として、いろいろご指導下さい。
よろしくお願い致します。
私のほうも、男前の息子さんによろしくです(笑)
Posted by island at 2008年06月11日 09:27
このアンケート(問題のほうですが)親としたらちょっと複雑ですね。
私は、結果がみれないかも、、、笑

長男が中学の時『家で親とよく話すか』というアンケートがあって、うちは自慢できるほど親子の会話、交流ってあると自負していたのに『ない!』と答えていて涙が出るほど落ち込みました。
後で聞くと「この時期、親子が仲良いなんて恥ずかしくていえないよ〜」って笑って
いうんです。
あとで息子の精一杯の照れだとわかって安心したのですが、、、。
大丈夫です。islandさんの親の気持ちや愛情はは充分に息子さんに伝わっていますよ。
もう遅いですが、私も見習いたいくらいですもの(笑)
お子さん方の成長が楽しみです。
Posted by ladymam at 2008年06月11日 09:35
ladymamaさん、本当に親としては複雑な思いでした。
息子の回答を見て、本当に親として反省しました。
子供の事を分かっているつもりでいた事に気づかされました。
一度「少しきらい」に○をつけていて、消して「少し好き」に書き直した部分を見た時に、息子の心の中では「嫌われているかも知れないけど、好きであって欲しい」という思いがあったのかも知れません。

私自身も仕事やその他の事で、時間に追われ、ついついイライラして息子の行動に「早くしろ!」とか「早く帰ってこい!」とか、いつも怒っていました。
叱るのではなく怒っていたんですよね。
私自身が心にゆとりがない証拠です。
もっとゆったりと構えて、息子にも大きな気持ちで向き合いたいと思います。
ladymamaさん、良き子育て先輩として、これからもいろいろアドバイスお願いしますね。
Posted by island at 2008年06月11日 10:14
あります・・あります・・
私にも・・そんな時期
叱るつもりが・・・いつの間にやら・・
怒りだしている!!自分に・・イライラして・・又・・怒る・・悪循環(−−)

そんな時は、後で、「さっきは、ちょっと、イライラしていて・・お母さんキツイ言い方したよね・・ゴメンね・・でも、解ってね、叱るのは、あなたの事が大好きだからなんだよ・・・」


と・・・ず〜っとそうしてきたけど・・・
でも・・思い出してみると・・

小学校の低学年の時に・・
長男の机へのマットの下に・・☆お母さんのバカ・・・と書かれていた事もありますし・・(TOT)

次男は、幼稚園の先生に「お母さんの仕事は何ですか」と質問されて・・皆の前で「怒る事です」と・・・発表した事さえありますから・・(><)

今となっては・・・笑い話ですが・・
当時は・・私の子育ては??間違っている???なんて・・落ち込んだりしたものです・・
Posted by そら☆ at 2008年06月11日 12:01
そら☆さん、同じように子育てしてきたんですね。
そうなんですよね、叱るつもりが怒り出し、自分にイライラして・・・本当に悪循環です。
長男さんもきっと口に出せなかった、お母さんへのモヤモヤをマットの下に書いたのでしょうね。
家の息子も書いてるかも知れない(^^;)
しかし、次男さんの「お母さんの仕事は怒る事」・・・最高ですね。
思わず大笑いしていしまいました(笑)
子供の目線になって、気持ちになって向き合わないといけませんね。
これからも、良き子育て先輩としてアドバイス、よろしくお願いします。
Posted by island at 2008年06月11日 13:23
>7.家の人にたいして言いたいことを書きましょう。
>息子の回答は「ありがとう」

こんな回答するなんて、ステキな息子さんじゃないですか。

最近の子供、お礼も挨拶も言わないですよー
だいたい親も言わないし。
子供が危険なことしていても、放ったらかしだし。
見かねて注意したら、こっちが親に怒られるし。
「怒る」というのも、ひとつの愛情だと思いますよ。
Posted by ぢる at 2008年06月13日 12:23
ぢるさん、「ありがとう」としか書く事がなかったんだと思いますけどね(^^;)
最近の子供、お礼も挨拶も言わないですか。寂しいですね。
やっぱり親がやらないから子供もやらないんですよね。
最近、本当に子供と向き合うのって難しいな〜って思います。
子供と向き合わないでほったらかすと、挨拶も出来ない大人に育ってしまうのかも知れませんね。
親として、子供と真正面から向き合って、一緒に成長していきたいと思います。
Posted by island at 2008年06月13日 13:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549100
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック