2008年06月07日

帰ってこない息子

数日前に「爆発の恐れあり」とつぶやいたのですが、その後、特に大きな話題も無かったので、てっきり見つかったかと思ったら、まだ見つかっていないようです。
今日の新聞折込広告に、残りの一人の方を探す内容のチラシが入っていました。
具体的な時間と車種まで分かっているみたいなので、見つかりそうなものなんですが・・・。
本人がこの折り込みチラシを見て、名乗り出て頂く事を期待するしかないのでしょうか。

人間のほんのちょっとしたミスが、大きな痛手となるんですよね。
こうやって折込チラシ発行したり、ヘリコプター飛ばして呼びかけたり、莫大な費用です。
しかし最悪の場合、人の命が関わってくるので、これは当然の対応になります。
何事も「ミスは起きるもの」と考えて、日々の仕事に取りかからなければいけませんね。
私もよく、ミスをするので気をつけたいと思います。

突然話は変わりますが、子供って何故に時間を守れないのでしょうか?
最近、息子が遊びに出かけると、必ず約束の時間に帰ってきません。
今日も午前中、何とか宿題を済ませ、「外に遊びに行っていい?」と聞くので、「お昼過ぎたら戻っておいで」と言うと、速効で外に飛び出して行きました。
時計を見るともう11時30分。遅くても12時30分頃には帰ってくるだろうと考えていました。

お昼ご飯を作り、息子の帰りを待っていましたが、なかなか帰って来ません。
今日は大阪の姉親子が来る予定なので、早々とお昼ご飯を済ませようと思っているのに、いつまでたっても帰って来ません。
しびれを切らして、一人で食べようとした時、ようやく帰って来ました。
時刻は2時前・・・・・・(-"-)
お昼ご飯を食べながら、ぶつぶつ説教してしまいました。

最近こんな事が本当に多くて、先週の土曜日も、夕方5時から剣道の練習があるのに、帰ってきたのは5時15分で、私にこっぴどく叱られました。
「○時までに帰って来なさい」と言っても、守られた事はありません。
特に用事がなければいいのですが、剣道の練習やその他の用事がある場合には、全ての予定が狂ってきます。
そのことを息子にも言うのですが、なかなか守れません。
以前、おじいちゃんから腕時計をもらったのですが、電池切れで動かなくなってしまったので、電池を入れ替えて腕時計を持たせるようにしたいと思います。
時計があれば、少しは気にして時間を守れるようにならないでしょうか?

私も子供の頃は時間を忘れて遊んでいたので、息子の気持ちも分からなくもないのです。
楽しい時と言うのは時間を忘れてしまうものです。
それだけ息子が友達と楽しく遊んでいるという事だと思うので、それはそれでいいのですが、時間を守る事もしっかり教えておかないと、だらしない人間になってしまいますからね。
時間を守るということは、子供の内からしっかり覚えさせないといけないと思います。
明日にでも時計の電池を入れ替えておきましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
時間にルーズな人間にならないように、厳しくするのは、親の愛情ですものね・・

その気持ち、よ〜く解ります。

時間に遅れたら、待っている
親がどれだけ、心配しているかを・・強調されたらどうでしょう??

で・・注意するのも大事ですが・・それよりも守れた時は・・オオバーなほど褒めて見て下さい。

後は、親の背中もしっかり見ていますから、口に出した事は、必ず守られるように・・・それと・・万が一、大人も失敗したら、子供に謝るように・・

と・・・偉そうな事を・・書きましたが・・
子育ては・・悩みながら・・親も成長させて貰うような所がありますし・・

子供の成長は、本当にあっと言うまです・・
悩みが多ければ多いいほど・・後で笑い話が沢山出来ますよ(^^)

そうそう・・余談ですが・・
目覚まし時計持たされていた・・子供を見たことがありました・・
Posted by そら☆ at 2008年06月08日 23:52
そら☆さん、皆同じような経験をしているのですね。
本当に何度も言うのですが、なかなか守れず(^^;)
親が心配していることも言うのですが、なかなか理解できないのでしょうね。
確かに注意するよりも、出来た時に褒める事。これが大事ですね。
分かっているのですが、ついつい当たり前と感じてしまうのですよね。
何事も出来た事を褒めて育てていかなくてはいけませんね。
これからも良きアドバイスお願いします。
しかし、目覚まし時計を持たされた子供・・・・・想像して思わず笑ってしまいました。
Posted by island at 2008年06月09日 09:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549097
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック