2008年05月30日

懐かしいプリントゴッコ

ネットニュース見ていて「プリントゴッコ販売終了へ」という文字が目に付いた。
プリントゴッコ・・・・・・懐かしい〜。
よく使っていましたよ。年賀状の時には一生懸命ペッタンペッタンやったもんです。

今でこそパソコン&プリンターが普及して、オールカラーの写真入りの年賀状が、普通に自作できる時代になりましたが、プリントゴッコ時代には、カラー年賀状なんて夢のまた夢。
インクを何色にするか?・・・・というレベルでしたからね(笑)

プリントゴッコって、簡易のシルクスクリーン印刷みたいな感じでした。
まずは原稿を作り、版を作ります。
専用の球をセットして、「バシュ!!」と版を焼き付けて、そこにインクを載せてペッタンペッタンするわけです。
今から思うと「何て原始的な・・・」と思いますが、当時は「凄い!!」って感動したものです。

毎年年賀状の時期になると、プリントゴッコのコーナーが賑わいを見せ、プリントゴッコ用のイラスト集や、その年の新色のインクなんかが出たりして、目を引かれたものでした。
私も毎年、自分でデザインを考え、プリントゴッコで年賀状を作っていました。
今思い返すと、涙ぐましい努力ですね〜。1枚1枚ペッタンペッタンしていたんですからネ。
そしてインクが乾かないうちに、年賀状を重ねてしまうと、年賀状が汚れてしまうので、1枚1枚並べて乾かしたものでした。
その内、裏技として、コミック誌等に挟んで乾かしたりしていました(笑)

しかし、パソコンが当たり前になった今となっては、逆にプリントゴッコって斬新かも知れませんね。
パソコンでプリントすれば、同じものが何枚でも作れますが、プリントゴッコでは同じものでもインクの不着具合等が微妙に違います。
その内、隣のインクと色が混ざって、微妙なグラデーションになったりしてきます。
同じものを作っていても、全て違うものが出来てくるのです。
偶然の産物を無数に生み出す機械であったと言えるのではないでしょうか。

プリントゴッコ時代には、今のようなオールカラーの美しい印刷に憧れ、その時代になると逆にプリントゴッコの良さが解ってくる。
何とも皮肉なものですね。
プリントゴッコは販売終了になりますが、その想い出はいつまでも残り続けることでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ショックなニュースです!
islandさんは、懐かしい〜、ですか(^^;)
我が家はプリントゴッコ現役で大活躍しておりまして、
今年の年賀状ももちろんプリントゴッコでした。
主人がパソコンで印刷することも可能ですが、
何故か我が家はプリントゴッコですることが習慣になっていました。
良く言えば保守的で、新しいことには飛びつかず
古いものを大切にすると言うか・・・
別の言い方では、頭が固い、とも言いますが。
はぁ、なんか寂しいですね〜。
Posted by 春眠 at 2008年05月31日 10:15
春眠さんところは、まだプリントゴッコが現役で活躍されているのですね。
春眠さんみたいな方、以外と多いのではないでしょうか。
確かにパソコンは普及しましたが、必ずしも誰もが使える訳ではないですからね。
消耗品はしばらく販売されるようなので、インクやランプは手に入ると思います。
あの原始的手法は有る意味とても貴重なので、いずれ形を変えてニュープリントゴッコが出そうな気もするんですけどね。
Posted by island at 2008年05月31日 10:40
うちにもまだプリントゴッコあります(^-^)
インクもランプも版もまだ少し残ってるので昨年末母が「捨てるよ」というのを貰ってきました(^m^;)
でも年賀状はパソコンで作っちゃうんですよね〜
色数は多いし写真も載せられるし・・・。
でもやっぱり手書きをペッタン印刷できるってのが楽しかったですよね!
来年の年賀状はプリントゴッコ使ってみるかな〜
Posted by けろぴ at 2008年05月31日 10:58
けろぴさんのところにも、まだプリントゴッコ残っているんですか。
やっぱり以外と持っている人多いのでしょうね。
年賀状はパソコンで作る時代になったからこそ、プリントゴッコのペッタンペッタンが貴重なんですよね。
でも、貴重と言う事は裏を返せさば主流ではないということ。
今回の販売終了で逆に見直されてくるかも知れないですね。
Posted by island at 2008年05月31日 12:47
おひさしぶりです。

へっへっへ、実家には初代のプリントゴッコ(オレンジ色)がありますよ。
あれ、楽しかったなぁ。
毎年、年末になると一所懸命、干支の絵を描いて
んでそれをスクリーンに焼き付けて、色を決めて・・・
インクが乾かないうちに、きらきら光るパウダーを振り掛けてみたり、
わざと爪楊枝で、インクを混ぜ合わせてみたり・・・
いろんなことができて、楽しかったです。

一番最後に使った記憶は、会社のプリンタがぶっ壊れてしまい
どうしても熨斗紙を印刷しなきゃいけなかったのですが、
なぜか会社にプリントゴッコがあったので、それで版を作った覚えがあります。
いろんな人に、感心されたっけな。

なんでもかんでもデジタル化するのはいいことかもしれないですが、
アナログにはアナログのよさがあるのになぁ・・・
ポラロイドカメラのフィルムも生産中止になっちゃうし。
うーむ。
Posted by ぢる at 2008年06月02日 11:13
ぢるさん、お久しぶりです。
初代のプリントゴッコってオレンジ色だったのですか?
私が買った頃には、黄色だった気が・・・(定かでは無い)
みんな同様に年賀状やってたんですね。
あの頃は、プリントゴッコで作った年賀状が溢れていましたからね。
しかし会社にプリントゴッコがあったというのは凄いですね。しかもそれで版を作っちゃうなんて(^^;)

エコの観点では、デジタル化っていいことなんですが、風情の面で言うとやっぱり寂しいですよね。
アナログにはアナログの良さがありますからね。
アナログの良さをデジタルで・・・・というのが、私がイラストを描く時の目標でもあるんですけどね。
Posted by island at 2008年06月02日 14:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549089
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック