2008年05月09日

Mac増殖中!?

何かと忙しかったGWが終り、今度は仕事と学童の会議等で忙しくしています。
GW明けからいきなり連夜で話し合いがあり、どちらも夜10を回っていました(@@)
今夜は家でゆっくりとしていますが、明日はまた学童の保護者会で出なくてはなりません。
GWの疲れもたまっている感じがするのですが、何かと忙しくて疲れているのかも解らない感じですね(笑)

さて、最近中国がらみの政治情勢の方にばかり目が行き、つぶやきも重苦しい内容のものが多くなっています。
私自身「つぶやき」という程度の気持ちで、このブログを書いていましたが、最近は自分でも「テーマが重いな」と感じることが多いです。
しかし、あなりにも世論(特にネット)と政府、そしてマスコミの報道に温度差があり過ぎる。
都合の悪いことは目をつむって「お互い仲良くやりましょう」って、そんなの本当の友好では無いはずですよね。

おっと、またまたこっちの話題に話が進みそうになりました(笑)
本日は全く話題を変えてと・・・・・・・・・。

以前にも何度か同じような事をつぶやきましたが、このつぶやきをご覧の多くの方々は、きっとWindowsユーザーだと思います。
世界のパソコンOSの90%以上がWindowsOSであることを考えると、ほぼ100%に近い確率で、今このつぶやきを見ている方はWindowsのハズです。

私は昔からのMacOS派で、ずっと肩身の狭い想いをしてきました。
私自身が肩身を狭くしていた訳ではありませんが、何かのサービスにつけ、MacOSは対象外として扱われてきました。
対応OSという一覧には「Windows98・2000・Me・XP」というのが殆どです。
Macの文字なんて見当たりません。
「Macには対応しておりません」と書かれているのは、まだマシな方で、それすら書いてない場合が多いのです。
要は「Macは存在しないもの」として認識され続けてきたのです。

しかし、そんな状況も今後変わっていくでしょう。
なぜなら、今Macのシェアが伸びてきているからです。
iMacの売上が順調らしく、Macを購入する人が増えているようです。
私も今までに何人かにMacを奨めて、実際にMacに移行した人がいます。
しかしintel Macになってから、MacでもWindowsが使えることが、さらに拍車をかけているようです。

今までは「Macに興味があるけど、ずっとWindowsだったから、いきなり移行は・・・」という人々にとって、両方使えるというメリットが後押ししているようです。
そしてiMacのスタイリッシュなデザインと、OSの使いやすさ、そして手頃な価格がさらに売上に貢献しているようです。

長年Macを使い続けてきた私にしてみたら「ようやくMacの良さが解ってもらえた」という気持ちです。
私も時々はWindowsを触ることもありますが、やはり使いやすさ・分かりやすさの点では、Macが優れていると思います。
特に初心者は絶対Macの方が慣れ親しみやすいです。

Macユーザーが増えてきて、Macを対象にしたサービスが増えてくれることは嬉しいのですが、喜べない事も増えてくると思います。
最も懸念するのがウィルスの発生。
すでにMacOSを狙ったと思われるウィルスは確認されていて、今後益々増えてくる事が予測されます。
Windowsユーザーにとっては、ウィルス対策は必須ですが、Macユーザーはウィルス対策なんて今までしたことがないという人が多いのです。

私も以前はノートン等使って、ウィルスチェックをしていましたが、MacOSXになってからは全く使わなくなってしまいました。
OSX用にノートンを買わなくてはいけないというのも、使わなくなった一つの要因ではありますが(笑)
でも、使わなくても済んでいたのも事実です。

しかし、これからはそうはいかなくなりそうです。
ユーザーが増えてくれば、当然それを狙ったウィルスも増えてきます。
そろそろウィルス対策も真剣に考えなくてはいけないでしょうね。

でも、やっぱりMacユーザーが増えてくれるのは嬉しいです。
使いやすくてオシャレなMac。
これを見ているWindowsユーザーのあなた。
どう、一度Mac触ってみる(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549068
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック