2008年05月02日

電子ピアノがやってきた

先日、2歳の誕生日を迎えた娘でしたが、実はプレゼントはまだ渡していなかった。
まだ2歳だし、プレゼントの意味すら分かっていないだろうけど、親としては何か喜ぶ物を・・・と考えていました。

息子の時と違い、娘は息子の玩具で遊ぶことが多く、娘のために玩具を買うことはとても少なく何かプレゼントを・・・と考えていました。
息子は3歳の時に北海道のおじいちゃん・おばあちゃんからもらった、玩具のキーボードを弾いていましたが、娘もそれをよく弾いて遊んでいました。
しかし壊れてしまい音が変になりました。
それでも弾いていたのですが、しまいに鍵盤が壊れ音も出なくなってしまいました。

そこで誕生日プレゼントはキーボードにしよう・・・と考えていました。
玩具のキーボードでは、またすぐに壊れる可能性が高いし、しばらく使えるように楽器としてのキーボードを買うことを考えていました。
なるべく安い物を・・・・と思い、誕生日の数日前にジョーシンで見ましたが、やはり1〜2万はするんですよね。
それに結構大きいので場所を取ります。

最初は私も嫁さんもキーボードを買うつもりでしたが、値段と大きさと見ているうちに途方に暮れてしまいました。
すると娘は側にあった電子ピアノの椅子に座り、ご機嫌で電子ピアノを弾き始めました。
いつもここに来ると、必ずと言っていいほど、この電子ピアノに座って弾いています。

出来ればこれくらいの物が欲しいんだが・・・・と、常々考えてはいました。
しかし、電子ピアノになると、ざっと10〜20万円になります。
嫁さんがピアノをやっていたので、ピアノに関してはこだわりがあり、YAMAHAやKAWAIの鍵盤のタッチが好きで、値段を見てはいつもため息をついていました(笑)

しかし、ふと見るとYAMAHAの型の古い電子ピアノが、在庫処分で置いて有るのが目に止まりました。
値段を見ると68,000円と書いてあります。最新型なら当然10〜20万しますが、型が古い事と現品処分で、一気に値段が下がっているのです。
「キーボードに2万出すなら、こっちの方が絶対いい」私も嫁さんもそう考えていました。
特に嫁さんは、以前から「ピアノがあったらね〜」とつぶやいていたので、この特売品に一気に心を奪われてしまいました。

そこへ私たちのオーラを感じ取ったのか、店員がやってきていろいろと説明を始めました。
そして1万ほど高いけど、「こちらなら新品で最新型です」と奨められたのがCASIOの電子ピアノ。
しかし嫁さんはやはり「鍵盤のタッチが・・・」と却下(笑)
だんだん買う気モードに火が点いてしまいました。

私もギターを弾くので、ピアノとギターと、そして子どもたちも何か楽器をやって、家族だけのリビングコンサートをやるのが夢です。
子どもたちにとっては、ピアノは最も親しみやすく、音楽を楽しめる楽器だと思うので、いつかは・・・・とずっと考えていました。
どうせお金を出すなら・・・・と、私もどんどんその気になり始め、ついに夫婦で決断しました。(そんなオーバーなことでも無いけど 笑)

展示品なので、ちゃんと綺麗に拭いてから配達してもらったので、本日になりました。
帰ってきた息子と娘は、早速ピアノを触って音を出して遊んでいました。
特に娘は大好きなようで、鍵盤を叩くように弾いては、何やら訳の解らないメロディーを口ずさみ、頭を左右に振ってリズムを取っています。
自分では弾き語りをしているつもりなんでしょうね。本当に可愛いです(親バカ)

しかし、電子ピアノが置いてあるだけで、家の雰囲気って全然違いますね。
「何か我が家じゃないみたい」と、嫁さんと笑ながら話していました。
娘の誕生日プレゼントとして買いましたが、家族皆が楽しめるための電子ピアノです。
皆で仲良く弾いて音楽を楽しみたいと思います。
そしていつの日か、家族でリビングコンサートやりたいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549061
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック