2008年03月11日

オリンピックまであと半年

本当に暖くなってきましたね〜♪
春だぁ〜春だぁ〜♪
本当にこの冬は寒かったので、春の訪れがいつも以上に嬉しく感じます。
もう半月ほどで桜も咲き始めますね。

さて、話題は突然変わりますが、北京オリンピックのマラソン女子代表が決りましたね。
野口みずきと土佐礼子に、若い中村友梨香が選ばれました。
野口みずきは前回の金メダリスト。今回も当然金メダルへの期待が高まります。
土佐礼子は粘り強さが武器の実力者。こちらもメダルへの期待が高まります。
そして中村友梨香は未知数ながらも、若いパワーでの活躍が期待出来ます。

今回も日本女子マラソンは注目が高いですね。
そんな中で、最後の一枠を狙ったいたQちゃんこと高橋尚子は、とても残念な結果に終わってしまいました。
この人の頑張りを見ていると、本当にこの細い身体から何故そんなパワーが出てくるのだろうって思います。
とても努力家で明るくてマラソンが好きで、それだけに今回のオリンピックには、大勢の人が期待していたことでしょう。

シドニーで金メダルを獲得し、次のアテネではまさかの選考漏れ。
そして今回の北京・・・と、8年の時が過ぎて肉体的にもピークを越えてしましました。
それでも諦めずに夢を追う姿は本当に見習わなければならないと思います。
並の精神力ではここまで来れないですよね。

北京オリンピック代表の3人には、高橋尚子選手だけでなく、大勢のマラソン選手の夢を背負って、共にオリンピックで走るんだという気持ちで頑張って欲しいですね。
しかしここに来て、ある問題が浮上してきました。
北京の大気汚染の問題。
かなり汚染されているようですね。エチオピアの男子金メダル候補の選手が、自分の健康を害するとして出場を辞退しました。
この選手は喘息があって、北京の汚染された大気の中では走れないと判断したようです。

今までオリンピックが近づくと、その土地柄でのコースとか天候・気温・湿度・風等を分析して、日本人選手にとって不利・有利等を分析した番組がありました。
しかし大気汚染が叫ばれるコースなんて聞いたことがありません。
どこまで汚染が酷いのか、実際には行ってみないと解らないのでしょうが、今までのオリンピックのコースとは明らかに空気が悪いのは確かでしょうね。

オリンピックまで残り半年です。
本当に大丈夫なんでしょうか?
本当に心配です。

大気汚染もそうなんですが、食の安全の問題。
そして観戦マナーも心配です。
これまでもサッカーの試合などで、観戦マナーが問題視されてきました。
オリンピックと言う世界のスポーツの大祭なので、警備も厳戒体勢だとは思いますが、何が起きるか解らないですからね。

不安材料は沢山ありますが、そんな中でも日本人選手には頑張ってほしいと思います。
もちろん女子マラソンだけでなく、男子マラソン、その他の競技でも日本人選手の活躍を期待しています。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61549009
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック