2008年01月28日

昨日の二つの話題

昨日の話題ですが、二つほど思った事。

思った事一つ目
【朝青龍優勝逃す】

あの騒動から復帰初めての場所で、注目を集めていた朝青龍。
二日目に土が付いたものの、その後は以前の強さが戻ってきて、1敗を守り切って千秋楽まできました。
そして迎えた横綱対決。
凄い取組でしたね。まさしく大相撲という感じでした。

勝った白鵬も素晴らしかったですし、これだけバッシングされ続け、注目を集めながらも勝ち続けた朝青龍は、やはり強かったと思います。
何だかんだ言いながら、今場所を大いに盛り上げたと言っていいでしょう。
ただ今後は横綱として、問題は起こさないで欲しいですね。

勝ち続けた朝青龍よりも、もっとプレッシャーが大きかったのは、白鵬の方でしょうね。
横綱審議会や相撲ファンの期待を背負っての土俵だったと思います。
そんな重圧の中、千秋楽で朝青龍を破ったのですから、これまた凄い強さだと思います。
これからはお互い、良きライバルとして大相撲を盛り上げて欲しいと思います。
そして両横綱に負けないように、日本人力士ももっと頑張って欲しいですね。
久しく日本人横綱が出ていません。寂しい限りです。

思った事二つ目
【大阪府知事選 橋下氏圧勝】

投票終了まもなく当選確実が出たみたいですね。
物凄い圧勝だったようですが、この結果も賛否両論あるでしょうね。
私個人的には橋下氏を指示しています。

選挙の度に感じる事なんですが、候補者の素顔が見えないことが、知名度の高いタレント議員等を有利にしていると思います。
ハッキリ言って市議会議員や市長選挙レベルでも、候補者がどんな人間か全く解りません。
パンフレットや選挙カーでの活動くらいじゃ、その人がどんな人でどんな実績があって、そんな考えを持っているのかなんて解りません。

その点、今回の橋下氏の場合、テレビでの様々な発言で、おおよその人間性が解ります。
そうなると、何処の誰だか解らないような人を選ぶより、最も理解できる人を選ぶのは当然のことになってくるでしょう。
そして加えて、当人達の熱意が伝わってきます。
宮崎県の東国原知事もそうでしたが、真剣に県民に訴え続けたのが勝因だったと思います。

橋下氏も東国原氏も、どこまで出来るのか、それは誰にも解りません。
では何故選ばれるのか?
それは、政党で選んでいるのでは無く、個人を見てその人に託しているのだと思います。
知名度があり、その人の人間性が解るから投票するのです。

そろそろ選挙の制度も、真剣に考えなくてはいけないのではないでしょうか。
街灯演説ばかりでは無くて、もっと候補者同士の討論会を行い、それを地元テレビ局やネットで配信して欲しいです。
その人の人間性や政策等を有権者が判断できる材料が増える事で、投票率も上がってくると思います。

今後の大阪の発展のために、橋下氏には頑張って欲しいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548965
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック