2008年01月25日

カレイが運んだ奇跡?

寒過ぎます((((((><))))))

今日も寒かったですね〜。
この大寒波で一気に消費電力も灯油の消費も増えた事でしょう。
省エネで地球温暖化防止に貢献しないといけないのは解っていますが、あまり無理して風邪引いては意味が無いので、やはり寒い時はしっかり暖くしましょうね。

この寒さしばらく続くみたいですね。
う〜〜〜〜早く春が来てほしい〜〜〜。

今日はテレビでちょっと不思議なニュースを見ました。
15年前に風船で飛ばした手紙が、何と魚のカレイの背中に引っ付いて発見されたというニュース。
最初聞いた時は「そんなのありえな〜い」と思いました。
だって、手紙でしょ。15年前の手紙が海の中にいるカレイの背中に引っ付いて、しかも紙がそのまま残っている訳がない。と思いました。

でも、実際に手紙が残っていて、ちゃんと字も読める状態で発見されたんですよね。
発見した漁師と、当時手紙を飛ばした、現在大学生になっている女性と、会って手紙を渡していました。

不思議ですよね〜。
小学一年生の時に、学校の記念行事で風船を飛ばしたらしいのですが、100kmほど飛ばされて海面に落ちたのでは?と推測されるようです。
そして海流が弱い海底の方に手紙が沈んだこと、そしてカレイの種類等、様々な偶然が重なって今回の発見になったようです。
15年間も海底に沈んでいて、たまたまカレイの背中に引っ掛かり、そしてそのカレイがたまたま網に掛かったのですから、物凄い確率で起った奇跡です。

世の中何が起きるか解らないものです。
悪い事はおきて欲しくないですが、こんな奇跡がおきると素敵ですよね。
嫌なニュースが多い中で、ちょっとホッとするニュースでした。

まだまだ寒いですが、せめて気持ちだけは暖くして過ごしたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548962
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック