2007年11月01日

中日ドラゴンズ日本一

中日ドラゴンズ、53年ぶり日本一おめでとうございます。
昨年と全く同じ、日本ハム・ファイターズと対戦し、昨年の無念を晴らした結果となりましたね。

私はリアルタイムでは見ていませんでしたが、スポーツニュースで見て、やはり最後の落合監督の采配にはビックリしましたね。
普通ならあの時点では絶対に変えないでしょう。
1対0の緊張する投手戦の中で、8回までノーヒットノーラン。あと三人で完全試合達成だったのです。

日本シリーズの優勝がかかった大一番で、しかも完全試合で勝利したら、こんなに凄いことはありません。
ピッチャーにとってもそうですが、チームにとっても、そしてプロ野球史にも残る大記録です。
しかし、落合監督はあえて9回に抑えのピッチャーと交代しました。
きっと見ていた人たちは「え!?何で変えるの!?」と思ったでしょう。
私もスポーツニュース見ていて、同じ思いでした。

しかし、記録よりもチームの勝利を第一に考えての采配と考えれば、落合監督の決断も分かります。
でも、やっぱり最後まで投げさせてほしかったな。と言うのが私の率直な気持ちです。
この采配には賛否両論あるでしょうね。
チームの勝利・優勝のためには当然と考えることもできるし、プロ野球と言うファンを楽しませる側面から考えると、ファンの期待を裏切ったとも言えます。

私が監督なら、やはり最後まで投げさせているでしょうね。
せめて9回まで投げさせて、ヒットを打たれたら変えるという、無難な選択をしていたでしょう。
落合監督の「オレ流」が、最後の最後で思いっきり出ましたね。

何はともあれ、日本一おめでとうございます!!
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548871
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック