2007年10月05日

みんなズレている!?

大相撲の時津風親方がついに解雇になりましたね。
これだけ問題が大きくなり、そして何より一人の若い命が失われてしまったのだから、当然と言えば当然です。
しかし何か釈然としない解雇です。
今回の事件は氷山の一角でしょう。きっと他の部屋でも同等もしくは近いことをやっていると思います。

以前の朝青龍問題、そして今回の問題、感じるのは相撲協会って・・・?ということです。
何か問題が起きても、全て「部屋の問題」「親方の問題」で終わらせています。
国技である相撲の伝統を守り、育てそして伝えていく使命の元に相撲協会はあるのだと思いますが、どうも相撲界に起きている問題に対して人事で済ませている気がしてなりません。

やはり「相撲界」という独特の世界にどっぷり浸かっていると、一般世間の感覚と違うんでしょうか?
普通に考えれば相撲協会が責任を感じて、一番真っ先に動いて問題解決に動かないといけないと思います。
しかしマスコミが騒ぎ立てて、事が大きくなってからようやく重い腰を上げている感じです。
それでいて「部屋の問題」で終わらせようとしていますからね。

しかし、この「一般世間の感覚とのズレ」は相撲界に限った事ではありません。
何度もここで触れている、光市母子殺害事件のあの弁護団も、一般世間の感覚とは大きくズレています。
これも弁護士界という独自の世界にどっぷりと浸かっているからなのでしょうか。

そしてこの件も「ズレている」と思うのが、市町村での年金着服に伴う刑事告発の話題。
舛添大臣が市町村での年金着服の事実に対し、着服した元職員を刑事告発するよう指示したことに関し、殆どの市町村がこれを受け入れず告発しない方針らしい。
何でも着服した全額返金され、懲戒免職など社会的制裁を受けていると言うのですが、果たしてそうですか?
民間の企業なら確実に告発されますよ。

着服したお金を返すのは当たり前だし、それで懲戒免職になるのも当たり前です。
横領って立派な犯罪なんですが、それを単に免職だけで終わらせることが考えられません。
こんな甘い処分していたら、これからも横領する職員でてくるかも知れませんよ。
厳しく処分して刑事告発して「横領したら逮捕される」という事を分からせないといけません。
これもやはり世間とのズレなんでしょうか?

こうやって見ると、日本中ズレまくっているのでは???
おかしな事件や理解に苦しむ事件が多すぎます。
みんな「何で?」と思うことばかりですが、その中でも自分自身も少しずつズレて来ているのかも知れません。
人は皆、自分中心に物事を考えます。自分が生きているのだから、自分中心なのは当たり前です。
でも、そこで自分を客観的に見たり、回りの目線で自分を見たりすることも、時には必要だと思います。
他の人がどう考えているのか。色んな人の考えや生き方を見て、今の自分と照らし合わせてみると、今の自分に足りないもの不足しているものが見えてきます。
世間とのズレと書きましたが、その世間もズレてきているのかも知れません。
子供たちに未来を託すためにも、今の様々な問題を今の大人が解決していかないといけないのでしょうね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548843
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック