2007年09月13日

政界が慌ただしくなってきた

昨日の安倍総理辞任劇から、一気に政界が慌ただしくなってきましたね。
とは言え、慌ただしいのは自民党内部だけなんでしょうが。
既に次の総裁候補として、麻生さんや谷垣さんの名前が挙がってきているようです。
当初は「麻生氏本命」と言われていたようですが、何やら福田氏も立候補の可能性が出てきて、一気に福田氏に流れが変わりそうな気配です。

そんな中で、小泉チルドレンと呼ばれる議員達が中心となって、「小泉前総理に再登場を!!」という動きが高まっているようです。
どうなんでしょうね。確かに一番の有力候補かも知れませんが、小泉さんの性格からして絶対に出ないでしょうね。
それに国民は小泉再登場を望んではいないのではないでしょうか?

参院選で大勝して参議院での第1党となった民主党は、政権交代を目指して一気に仕掛けてくると思いますが、次期総裁が誰になるのかで大きく流れが変わってくることでしょうね。
民主党としては、そのまま安倍政権のままで解散総選挙をやって、参院選と同じ結果を出したかったところでしょう。
ところが安倍さんが辞任し、新しい総裁になることで対応が変わってくることになります。

民主党の小沢さんは福田さんをかなり嫌がっているようなので、福田さんが総裁になると、また流れが変わってくる可能性もあります。
一気に政権交代を狙う民主党ですが、福田さんが総裁になると、その流れは難しいかも知れませんね。

自民党の次期総裁が誰になるのか、そして今後の政権がどうなるのか?
私たち日本国の未来を決めることです。
私たち将来の生活を決めることです。
総裁選も十分な政策議論を行って、自民党の内々で決めるのではなく、国民にしっかりと評価されて決めて欲しいですね。
そしてその後の政権も、国民の意思がしっかり反映される内閣へとなってほしいですね。
しばらく政治から目が離せません。
良い国造りに向けて、政治家も国民も頑張らなくてはいけません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548821
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック