2007年08月28日

北海道四日目、美瑛・富良野

ログコテージで目覚めた朝。
外を見てみると富良野平野の上に、雲海が漂い、その上に十勝岳が見えています。
思わずカメラを抱えてログコテージを飛び出しました。

070828-1.jpg
富良野平野の朝。幻想的な風景でした。

朝食を済ませたら早速車を走らせ、美瑛の方へ向かいました。
これまでも2回ほど美瑛には来ていますが、今までは国道を挟んで右側にしか行ったことがありませんでした。
今回はパッチワークの路などがある左側の方にも足を伸ばしてみました。
ケンとメリーの木やセブンスターの木、親子の木など、見晴らしのいい丘陵にぽつんと立つ木は、とても絵になる風景でした。

070828-2.jpg
ケンとメリーの木。青空の中、大地に立つ木々は本当に絵になりますね。

その後は右側のパノラマロードの方へ。
毎回足を運ぶ場所に行き、息子が2歳の頃に初めて来た場所で、同じように写真を撮りました。
今回は娘も息子と同じような年齢で、同じように写真を撮りました。
一緒に来た奄美の母は、大地の広さに空の広さに、ただただ圧倒され言葉にならないようでした。

070828-4.jpg
美瑛の美しい丘陵の風景

今回は奄美の母も来ているので、母が大好きな花を見せるために花畑のほうにも行きました。
最初は「ぜるぶの丘」に行き、その後は昨年も行った「四季彩の丘」に行きました。
昨年来たときは夕方で、天気も曇り気味だったので、写真も奇麗に撮れませんでしたが、今回は本当にいい天気で、写真を撮りまくりました。
母も疲れを忘れて引き寄せられるように、花畑の中を歩き回っていました。

070828-6.jpg
070828-5.jpg
澄み渡った青空の下、色とりどりの花が咲き誇っていました。

天気に恵まれ、富良野・美瑛を見て回ることができました。
帰りには温泉によって帰ってきましたが、月が出て来たのを見て、皆で不思議に思っていました。
月がどんどん欠けていくのです。「もしかして月食!?」と思っていたら、やはり皆既月食だったのですね。
偶然にも皆既月食を見ながら、十勝平野を走ることができて嬉しかったです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅日記
この記事へのコメント
おぉ!去年私が行ったところと同じ〜(^0^)

今の時期は、もう涼しいでしょう〜。
いいなぁいいなぁ。私も来年はまた北海道行きたいっ。
Posted by けろぴ at 2007年08月29日 18:02
けろぴさん、北海道は何度行ってもいいですよね〜。
朝晩はだいぶ涼しいですよ。日中は日差しが強いと多少暑いですけど、爽やかな暑さです。
あぁ〜帰りたくない(笑)
Posted by island at 2007年08月30日 07:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548802
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック