2007年08月23日

カエルの子はカエル

昨夜の雷は一晩中なっていたのか、朝目が覚めるとまだゴロゴロと雷がなっていました。
雨も結構降ったようで、お陰で今朝は少し涼しい朝でした。
しかし昼前には天気も回復傾向で、午後からはまた暑くなりましたけどね(^^;)

夏休みも残り少なくなってきて、家の息子も猛ダッシュで宿題をやらせているところです。
一人で宿題させると、全く宿題に身が入らないので、この4日間ほどは仕事している私の横で宿題をやらせていました。
ちょっと目を離すとボケ〜っとしているので、「集中しろ!!」と注意します。
慌ててノートに目をやりますが、1分もしないうちにまたボケ〜・・・・(-_-;)
この集中力の無さは誰に似たんだ。やっぱり・・・・・・・私か(^_^;)

私も小学時代は夏休みの宿題、全然出来なかった子供でしたからね。
いつも最後の方になって慌ててやって、結局全部出来なくて先生に怒られるの覚悟で学校に行ってました。
だから夏休みの終わりは、まるで人生の終わりのように辛かったですね(笑)
そんな私の子ですから、息子が宿題を自分で終わらせることを期待してはいけないのです。

まぁ、しかし何とか今日で宿題は終わりました。
中身はともかく、一応宿題を終わらせたという点では、私より立派でしょう。
自分が出来なかった分、せめて息子にはちゃんとして欲しいですからね。

それにしても子供ってやっぱり親に似るのでしょうか。
宿題の中でも一番手間取っていたのが、算数の100マス計算でした。
私と一緒で算数は苦手なようです。
100マス計算のたし算と引き算、合計6枚のプリントを終わらせるのに、ほぼ一日かかっていました。
集中してやれば半日もかからないと思うのですが、ボケ〜っとしながらやるので、全然進みません。

ところが、絵を描く宿題になると生き生きとして「何描こうかな〜」とルンルンです。
「クレパスか絵の具で・・・」と書かれていたので、私が「絵の具で描いたら」と言うと、まだ絵の具は使ったことがないらしいのです。
それでも絵の具で描くことにした息子は、私に使い方を聞いて早速何やら描き始めました。
そして1時間もしない内に、1枚の絵を描いていました。

初めての絵の具での絵でしたので、出来はまぁ「そんなもんかな」という感じでした。
本人が好きで描いていることだし・・・・と思い、それで終わらせることにしました。
ところがパレットに出した絵の具が、まだ残っていたので、息子は「もう1枚描きたい」と言って何やら描き始めました。
好きにさせようと思い、私もそのまま好きなようにさせていました。
そして30分もしない内に「出来た!!」と言うので見てみると、クワガタの絵を描いていました。

最初の絵の出来とは全然違い、私も思わず「おっ上手に描けたな〜」と褒めました。
そこで私が木の材質感を出すために、他の紙に色を塗り、やり方を教えると、息子は喜んでそれを真似て描いていました。
算数をしている時とは別人のように生き生きしています。
やはりカエルの子はカエルですかね(笑)
算数は苦手かも知れませんが、自分の好きな物をどんどん伸ばしてくれたらと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
同じく暑さでぼ〜〜〜としてる私です(笑)

大昔ね(笑)
私が小学校の頃に夏休みに近所の子供達が我家に集まって
先生ごっこをやってましたよ〜
私がよく先生役だったけど(笑)
他の友達は夏休みの友とか宿題をもってきて
その遊びの中で一緒に宿題を終わらせるんです。

だから友達と一緒に遊びながら?
先生と生徒ごっこしながら楽しく宿題を終わってた。
なんか懐かしい〜〜(笑)

息子さん、、がんばれ〜(笑)
Posted by Anne at 2007年08月24日 05:09
Anneさん、すごく実用的な遊びですね。
先生ごっこで宿題済ませるなんて、凄いです。
Anneさんが先生役ということは、勉強出来た子だったのですね。
う〜ん羨ましい(笑)
Posted by island at 2007年08月25日 00:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548797
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック