2007年05月11日

また行ってみたい

今日は嫁さんが仕事復帰してから、初めての夜勤です。
娘にとっては初めての、お母さんのいない夜になります。
ちゃんと寝てくれるのか?ちょっと心配でしたが、先程、愚図りながらも寝ついてくれました。

嫁さんの仕事が遅くなる事もあるので、娘にとってはお母さんがいないことは慣れているようです。
しかし、寝つく時にはいつもお母さんにベッタリで寝る事が殆どなので、今夜は少し不安な感じでした。

今日は息子も体調悪くて、学校も早退して来ました。
熱が37.7度まで上がったようで、担任の先生から電話があったのです。
比較的元気なのですが、食欲があまり無いようで、晩ご飯も殆ど口にしませんでした。
それでもテレビは見たいようで、しっかりドラえもんとしんちゃんは、笑いながら見ていました(^^;)

今日は旭山動物園をドラマ化したテレビをやっていたので、思わず私も見てしまいました。
息子は一昨年に行ったのを覚えていて「ここ行ったなぁ〜」と、喜んで見ていました。
娘はもちろん知らないのですが、動物に興味があるのか、指を指しては「あっあっ!!」と、何か喋っている感じでした。

ドラマ化されているので、実際の内容とは異なるのだと思いますが、旭山動物園が注目されて日本一の動物園になったための苦労、問題点なども取り上げられている感じでした。
私も行った時に「え?これが噂の動物園?」って思ったものでした。
もっと華やかな動物園のイメージがあって、施設ももっと新しくて立派な物だと思っていたのです。
しかし見て回る内に、少しずつ何故人気なのか分かっていった感じがしました。

今回の内容でチンパンジーの施設が新しく出来ていました。
これもとても面白そうなので、「今度北海道に帰る時に、また行ってみたいね。」と、息子と話していました。
以前にも同じドラマが放送されていましたが、前回の内容は、旭山動物園が注目されるようになるまでの、奮闘記のような内容だったと記憶しています。
しかし、今回は「命」がテーマになっていました。
動物を通して命の大切さ、それを強調していた気がします。

動物園に来たお客さんを、喜ばすことだけでなく、動物達と正面から向き合い、共に生きている飼育係の姿が映し出されていました。
そんな人たちが運営しているからこそ、人気があり人が集まるのでしょうね。
ドラマを見ていて、私もまた行ってみたくなりました。
今度北海道に帰る時は、ちょっと旭川まで足を伸ばしてみるかな。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548693
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック