2007年05月04日

娘の発熱

連休中日、今日は私の姉親子が遊びに来る予定で、皆でお弁当持って近くの公園にでも行く予定でした。
ところが昨夜から娘が発熱して、今朝になっても一向に下がりません。
そこで救急外来で受診することにしました。
幸い検査結果は特に何も無く、点滴をして様子を見る事になりました。

姉親子はお昼過ぎに来て、結局どこも出かける事なく、家でお弁当を食べて過ごしましたが、息子と従兄弟の二人はお互いの玩具で遊べるのが嬉しいようで、二人でずっとはしゃいでいました。

娘は座薬を入れると解熱するので、一時的に元気になりますが、薬が切れて熱が上がり出すと再びぐったりしてしまいます。
小さな体でぐったりしているのを見ると、本当に可愛そうで変わってあげたいと思いながら、看病するくらいしか出来ません。

姉親子がいる間は薬が効いていて、比較的元気に動いていました。
息子と従兄弟が遊ぶ玩具に興味を示して、間に割り込んで行ったりしては、息子達に「怪獣が来た〜」
とおちょくられて、楽しそうに笑っていました。

夜になってまた熱が上がり始めていますので、様子を見て座薬を入れるようです。
こんな時、嫁さんが看護師というのは頼りになります。
明日の朝、まだ熱があるようなら、もう一度受診するしかないですね。
子供の病気って、親に責任があると思うので、もう一度いろんなことを振り返ってみて反省しなくてはいけません。
はやくよくなりますように。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548686
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック