2007年04月12日

信じられないニュース

今日は午前中だけ、病院専属の保育士さんに娘を見てもらいました。
お陰で午前中は仕事に集中することができました。
お昼に病院へ行くと、娘の点滴が外されていました。
うまくいけば明日退院できるかも知れません。

入院の付添の間、どうしても時間潰しにテレビを見る事が多かったのですが、途中から大部屋に移ったため、テレビのボリュームも抑え気味で、何となく見ている感じです。
しかし、そんな中でも気になるニュースもあり、先日は同じ市内であった火事がニュースになっていてビックリしました。

ちょうどそのサイレンを病室で聞いていて、「あっ火事かな?」と思っていたので、まさかその火事がニュースで出てくるとはビックリでした。
大人5人が焼死した火事で、不可解な部分があったのでニュースになったのかも知れませんね。

しかし私がもっとビックリして、ショックを受けたのが子供を放置して餓死させた母親のニュースでした。
北海道の苫小牧で起きた事件ですが、3歳と1歳になる子供を家に残し、鍵をかけ自分は交際相手の家に行き、1ヶ月もの間放置していたというから驚きです。
最初から子供が死ねばいいと思って家を出たらしく、1歳の子供は餓死してしまいました。
でも、3歳の子供は冷蔵庫の中のマヨネーズやケチャップ、生の米粒、さらには生ゴミを食べて生き延びたようです。

3歳の子供が1ヶ月もの間、親に放置されながら、母親が戻ってきた時に抱きついてきたというのですから、子供と言うのは本当に親を信じきっているのだなと感じました。
しかしその母親は、二人とも死んでいると思っていたのに、長男が生きていてショックだったと話しているようです。
いったいこの母親は何なんでしょう?人間の面をした鬼でしょうか?
さらには3歳の長男が見ている目の前で、餓死した子供を段ボールに入れ、交際相手の家の近くに放置したというのですから、本当に信じられません。

親にとって子供って、自分の命に代えても守りたい者だと思うのですが、何故神様はこんな人間が親になることを許したのでしょうか?
自分がお腹を痛めて産んだ子供なのに、何故自分の子供を愛せないのでしょうか?
私たち夫婦も決して立派な親ではありませんが、少なくとも子供たちを愛し、何よりも子供の事が大事だと思っています。
それが普通だと思うのですが、こんな人間でも子供を産んで親になることが許せません。
世の中には子供が欲しくても欲しくても、どうしても願いが叶わない人も沢山いるのです。

この生き延びた3歳の子供が、1ヶ月間どんな思いで過ごしていたのだろう?と思うと、胸が張り裂けそうになります。
帰ってこない親を待ちわびながら、必死で食べ物を探し、餓死していく1歳の子供を見ながら、どんな思いで夜を過ごしたのだろう。
あまりに酷い仕打ちで、あまりにも過酷な経験です。
このままでは心に深い闇を持ったまま育ってしまうので、しっかり心のケアをしてあげてほしいと思います。

しかし日本人の心は一体どこへ行ってしまうのでしょう。
もう二度とこんな悲しいニュースは聞きたくありません。
家族が健康で、贅沢で無くても皆でテーブルを囲んで食事が出来る。
これが一番の幸せであると思います。
人それぞれ幸せの価値観は違いますが、家族が第一だと思うのですが、そんな考えも今の日本では無用になっているのでしょうか。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
そんな出来事があったなんて初めて知りました。islandさんのおっしゃるように、その3歳の子の経験を思うと私も胸が張り裂けそうです。。
ただ性欲のままに子供を作って、さらに自分の快楽を優先して子どもは死んでもかまわないとは・・・
ある評論家が言っていましたが、親になるにも免許制度を導入すべきだと・・・
本当に、思い切った斬新な制度を導入しないと悲劇が後を絶たないと思います。
Posted by 春眠 at 2007年04月13日 11:16
春眠さん、私もテレビで見て初めて知りました。
本当に信じられないニュースです。
親になるにも免許制度を導入。それくらいしないとダメかも知れませんね。
昔は一人前にならなきゃ結婚できなくて、結婚しなければ子供もできなくて・・・・というのが世の決りのしきたりのような部分があったのだと思います。
そのしきたりを国レベルで制度として導入するのは、本当に難しいことでしょうね。
そして命の大切さ、子供を授かることの素晴らしさという教育を、しっかりと教育していく必要があるのだと思います。
もちろん学校教育でも必要ですが、何よりも親が教えていく必要があるでしょうね。
Posted by island at 2007年04月14日 09:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548662
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック