2007年04月10日

淋しいお兄ちゃん

今日も朝から病院へ。
娘は私が病室に入ってくると、ニコッと笑顔で迎えてくれました。
日に日に体調が良くなっている感じの娘。
ちょうど主治医の先生が、嫁さんに状況を説明していたようで、採血の結果もかなり良くなってきているようです。
このままの調子でいけば、今週末か来週頭には退院できそうとのことでした。

体調が良くなってきてからは、娘の食欲も旺盛で、出された食事は全て食べきり、その後にパンを食べるくらいです(笑)
良く食べ良く寝て、一人で遊ぶ事も多くなってきました。

今日はお昼から3時間ほど、院内の保育士の方に娘を見ていただけることになっていて、その時間だけ家に戻り、集中して仕事をしました。
お陰様で幾つか仕事をこなす事ができました。
しかし娘の方はやはり慣れないため、ずっと泣き続けていたようで、私が戻る30分前に疲れきって寝てしまったようです。

「これは夜まで寝てるかな」と思い、ゆっくりとテレビでも・・・・と、テレビを見始めて数分。
突然目を覚まし、私と目が合うとニコ〜っと笑って寄ってきます(^^;)
結局寝る事なく、そのまま夕食をまたもや完食しました。

夜になって嫁さんが交代でやってきましたが、いつも息子が中に入れないため、娘を病棟の入り口まで連れていき、息子と少しの間だけ合わせています。
今日も息子は入り口で待っていました。娘を連れて息子のところへ向かいましたが、息子を見つけるなり娘が満面の笑みで手を振り始めました。
まるで「おにいちゃ〜ん」と言っているかのような表情で、お兄ちゃんに手を振っています。
これには息子も大喜びでした。

家族との時間が一番少ないのは息子ですので、一番息子が寂しがっていると思います。
現に最近の口癖は「Mちゃん早く帰ってこないかな」です。
毎晩毎朝、私と二人で過ごしているのですから、当然淋しいですよね。
お母さんとの時間は、夕方に仕事を終えて迎えに来てから、私と交代で病院に来るまでの2時間ほど、娘とは病棟の前でほんの数分ですからね。

私も日中付添で夜に仕事の毎日ですが、息子の淋しさに比べれば大したことでは無いと思います。
淋しい思いをしている息子のためにも、一日も早い退院が望まれますが、とにかくしっかり体調整えてから退院したいですね。
あともう少し、家族皆で頑張りましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548660
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック