2007年02月19日

MacでWinの注意点

Intel iMacを導入した時に、一緒にParallels Desktop というアプリケーションも購入しました。
これはMacOSの中でWindowsを起動させるためのアプリケーションです。
Intel MacになってからAppleがBootCampというアプリケーションを発表し、それを使うとMacで起動するかWindowsで起動するか選べるようになりました。
しかし切り替える度に再起動しなくてはならず、どちらかでしか立上げることはできません。

当然と言えば当然なのですが、願わくばMacを使いながら、すぐにWindowsにも切り替えられたら便利ですよね。
そこで出てきたのが、このParallels Desktopというアプリケーションです。
Macの中でWindowsを使えると言ったらいいでしょうか。いわゆるエミュレーションソフトなのですが、今までのソフトとは格段に使い勝手とパフォーマンスが向上しています。

先日WindowsXP Home Editionを購入し、早速インストールをしました。
完ぺきにMacの中でWindowsXPが動いています。
本当に便利ですね。私の場合、Windowsで何かをすることは無いのですが、Windows環境で確認をしなくてはならないことがあるので、その意味でも大変重宝します。

現にMacの環境では問題なく表示されているサイトが、Windowsで見るとレイアウトが崩れていたりします。
Macの場合、現在はSafariが標準ブラウザになっています。
WindowsはもちろんIEです。MacもIEは使えるのですが、バージョンが5.2でサポート終了になっていて、それ以上のバージョンはチェックしようがありません。

MacとWindowsの両方のOSを使えて、とても便利なんですが、反面困ったことがあります。
それはセキュリティの問題。
Windowsの世界ではウィルスが蔓延しています。Macでは殆ど皆無に近いウィルス問題ですが、Windowsを使うとなるとこれは避けては通れません。
最初はWindowsでメールはしないので、特に問題は無いと思っていましたが、サイトを閲覧するだけでもウィルス感染する可能性があるらしく、これは何か対策しなくてはいけません。

慌ててセキュリティソフトを探して回りましたが、Windowsで一番ベーシックなのってやっぱり「ウィルスバスター」か「ノートンのアンチウィルス」なんでしょうか?
ひとまずウィルスバスターの、60日間のトライアル版をダウンロードしてみました。
何もしないよりはちょっと安心ですからね(^^;)

Macは今のところウィルスとは無縁ですが、絶対に無いとは言い切れません。
シェアが低いのでウィルスを作る人間が、相手にしていないだけです。
もしMacのシェアが上がり、ユーザー数が増えたら、比例してウィルスも出回ると思います。
Windows程の数にはならないと思いますけどね。

とりあえず、Windowsはサイト表示確認用だけにとどめて、あまり使いたくないですね。
Windowsで何かするわけでもありませんから。
それに両方使ってみて、やっぱりMacの使いやすさが分かります。
Windowsしか使ったことのない人には、Macって未知のOSかもしれませんが、絶対にWindowsよりも直感で使えると思いますよ。
一度両方使って試してみましょう(^o^)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | Macintosh
この記事へのコメント
ウィルスバスターは重たくないですか?

私はいまはNOD32というのを使っています。
ファイアーウォールはないけどウィルス対策にはよいですよ。
Posted by にっこり at 2007年02月20日 13:30
にっこりさん、ウィルスバスター重いんですかね?
比較対照が無いもので分かりません(^^;)
NOD32というのがあるんですね。今度探してみよう。
情報ありがとうございました。
Posted by island at 2007年02月20日 23:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548610
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック