2007年01月10日

これ欲しい〜(@@)

久々に物欲出まくりました。
毎年、この時期に行われる「MacWorld」で、Appleは新製品などを発表します。
昨年はIntelMacが話題を呼びました。
今年はiPod機能を備えた携帯端末のiPhoneが噂されていました。

私は正直、iPodと携帯が合体しても、さほど欲しいとは思いません。
しかしAppleが出してきたiPhoneを見て、衝撃を受けました。
ここまでスタイリッシュでクールな物を出してくるとは予想しませんでした。

厚さ僅か11.6mmの筐体で、前面は液晶のみ、そうです電話に必要なテンキーが無いのです。
iPodに今までついていたホイールもありません。
では一体どうやって操作するのか、完全なタッチパネルなのです。
しかし今までのようなペンでタッチするのではなく、指でタッチして操作するのです。

実際に操作するところを見ていると、指を上に動かせば画面上で上にスクロールされます。
またボリュームも指で簡単にスライドできます。
電話をかける時には、画面にテンキーが現れて今までの電話のように、数字を押すことができます。
しかもWebブラウザのSafariが搭載されていて、ネットのサイトもブラウズできます。
iPhoneという名前ですが、中身は完全に小さなMacといった感じです。

今まで出ているiPodのように、写真も取り込んで見れるし、もちろんムービーも見ることができる。
ビックリしたのは、筐体を横にすると、画面が横に切り替わるのです。
つまり縦長の画面で、横長の写真やムービーを見ると、画面が小さいのですが、横にすることにより、画面が大きくなるのです。

実際に動かしているのを見ていると、自分も触って動かしてみたくなりました。
しかし残念なことに、iPhoneの発売は6月かららしい。
しかもアジアでの販売は2008年から・・・1年以上も先ではないですか。
さらに問題なのが、通信方式の違い。私は詳しくは知らないのですが、世界の中で日本だけが独自の通信方法になっているようで、iPhoneを買ったとしても携帯電話として使えない状態らしい。
となると、日本では発売されない可能性もある?(T_T)

電話でなくても単にiPodとネットブラウジングだけでも価値はあるのですが、やはり電話として使いたいですよね。
日本の携帯端末に参入するとなると、物凄いことになるのではないでしょうか。
今までの携帯のデザインを根底から覆すことになります。
そしてキャリアがどうなるのかも課題です。一番可能性がありそうなのはSoftBankでしょうか。
auはLISMOでiPodと対抗する路線だしているので、可能性は低いかな。
でも一番デザイン性を考えているのはauの気がするし、DoCoMoも巻き返しを狙うのなら可能性ありますよね。
いっそのこと全キャリアが対応してくれればいいのに(笑)

日本でも使える日がくるのか、全く解りませんが、久々に本当に欲しいと思った物でした。
同時に発表されたAppleTVも、とっても気になる製品ですけどね。
こちらはMacとTVをワイヤレスで繋ぐことにより、MacのコンテンツをTVで見れたりするらしい。
ムービー・音楽・写真などがテレビで見れるということは、MacのHDに保存したムービーを、離れたリビングでテレビで見れるということ。
使い方次第ではとても便利な物になりそうです。

久々に物欲出まくりになってしまいました。
Appleめ、やりおるわい(笑)

興味の有る方は下記でプレゼンテーション見れます。
http://events.apple.com.edgesuite.net/j47d52oo/event/
070110.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548567
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック