2006年11月11日

息子の書き文字

最近学校で少しずつ漢字も習ってきている息子。
時々知っている漢字を書いては私達に見せてくる。
そして今日もメモ紙に何やら書いていた。
「また書いてるな」と思い、特に気にすることもなく書かせていました。

1階で書いていたのですが、何故か気がつくと私の仕事部屋のMacの前に紙が置いてありました。
「私に見ろということだろうか?」と思い、その書いてある文字を見て笑った。

幸せ いっぱいで ござる

どこかで見た言葉だ・・・・私が3年ほど前に書いた文字を額に入れ、床の間に置いてある物と同じなのです。
私の書いた文字を真似て書いているのですが、書き方まで真似ているようでおかしいです(笑)
061110-3.jpg 061110-1.jpg

そしてさらに笑ったのが、もう一つの文字。

音をきくのが せいぱいで ござる

何の意味なのか全くもって分かりません(笑)
しかしちゃんと文章になっているのが、またおかしいです。
「音」という漢字を書けるのに、何故「せいいっぱい」が「せいぱい」なのか?
これもまた謎です。
061110-2.jpg

自分の息子だが 訳がわからないで ござる

子供のすることって本当に不思議ですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548505
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック