2006年10月30日

Happy Wedding

今日は嫁さんの従姉妹の結婚式で、私達も二次会の方に出席してきました。
二次会ですが披露宴が行われた場所で、引き続き行われる形になりますので、ちゃんとした披露宴会場です。
みんないつもとは違う服装で会場に入りました。

息子は何回か結婚式に出たことがあるので、何となく結婚式の雰囲気を判っているようで、ちゃんと座っておとなしくしてくれていました。
娘も会場に来るまでは、ビィビィー泣いてたのに、いつも違う雰囲気におとなしくなりました。

席に着いて間もなくすると新郎新婦が入場してきました。
二人ともとても華やかな衣装に身を包み、幸せ一杯の表情でした。
新郎新婦側、それぞれの友人挨拶が終わると、乾杯の合図で歓談が始まりました。
今日はバイキング形式でしたので、早速息子に食べたいものを取らせて食べさせました。
お腹が空いていたのか、美味しかったからなのか、息子はいつも以上にしっかり食べていました(笑)

私もいろいろ食べながらビールを飲んでいましたが、どうも咽を通りません。
と言うのも、私の制作したDVDをここで上映するので、気が気ではありませんでした。
披露宴でも先に上映していて、新婦のお姉さんから「とっても感動しました」と、感想を聞いていたので再生されて上映されたのは分かっていました。
しかし、やはりここで上映される分も、ちゃんと再生されることを確かめないことには落ち着きません。

そして歓談中にスクリーンが降りてきました。
「いよいよ始まるな」と私は多少ドキドキしながら、DVDが上映されるのを待っていました。
他の方々は「何が始まるのだろう?」と言った感じで、気にしながらもワイワイと歓談していました。
いよいよスタートして、それぞれのシーンが流れていきます。
私も制作工程を噛みしめるように、そして確認するようにじぃ〜っとスクリーンを見つめていました。

何のトラブルも無く、無事上映が終わりました。
そして会場からは拍手が起こり、肩の荷が下りた気持ちでホッとしました。
しかし次の司会者の言葉で慌てふためきました。
「このDVDは新婦の従姉妹の旦那さんであり、また絵本作家でもあります、ふくはらしゅんじ様が制作したものです」
どわぁ〜そんな事言わなくても〜〜〜〜〜(@@;)
ようやく無事終わってホッとしたところに、冷や汗かいてしまいました(笑)

やはり自分が制作した物が上映される場にいると言うのは、居心地いいものではありませんね。
しかも最後に紹介なんてされると思っていなかったので、あたふたしてしまいました。
でも、本当に無事上映できて、また皆さんに喜んでもらえて良かったです。

幸せな二人の笑顔を見ていると、こっちまで幸せのおすそ分けを頂いた気持ちで、暖かい気持ちになれた時間でした。
新郎側の友人のお決まりのような、笑いネタの余興もあり、楽しい時間でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548493
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック