2006年10月25日

ショック

学校のいじめ問題が取りざたされている中、私の出身の奄美大島でも、学校の先生の言動により不登校になっている生徒がいることが、ネットニュースで出ていました。
正直ビックリしました。自分の故郷の中学校でそんなことがあるなんて。
しかしビックリはさらに巨大化しました。
何とその中学校、私の母校だったのです。

し、し、信じられない。私の母校でそんなことが・・・・・。
私が通っていた頃からすると、到底想像できないことです。
ネットニュースでチラッと見ただけで、他のニュースで出てきてないので詳細は解りませんが、とても悲しいことです。

私が中学生の頃は、一学年二クラスで本当に和気あいあいとした学校でした。
そりゃ〜確かに先生と生徒がぶつかることもありましたが、お互い素直な気持ちでぶつかっているので、逆に良かった気がします。
先生は先生なりの思いを、生徒は生徒なりの思いを、それぞれに出していた気がします。

今の母校はどうなんているのか、残念ながら離れているので解りません。
いったい学校がどんな雰囲気なのか、きっと私が通っていた頃のような雰囲気ではないのかも知れません。
今の学校って、どこもそんな感じになってしまっているのでしょうか。
昔は先生の存在って、とても怖いものでありながらも、時に冗談を言い合ってからかう存在でもあった気がします。
注意される時は本当に怖いけど、それは1人の大人が子供に対して愛情を持って叱っていたのだと思います。

どこかで歯車が狂ってきたような気がしますね。
学校自体にも問題がありますが、やはり私達親にも問題があると思います。
学校vsPTAではなくて、学校&PTAでなくてはならないと思います。
学校と親が協力して、子供の勉強する環境、そしていじめの無い環境を作っていかなくてはいけません。

これから子供が成長するにつれ、私自身も直面する問題だと思います。
他人事では無く、本当に自分たちのも問題ですので、しっかり考えていきたいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
大丈夫だよ…とは言い切れないが ニュースや新聞の報道は少し偏りがあります。
ダンナが中学の役員なので 聞いてみた
確かに双方で行き違いがあったみたい。でも 急遽転校してきて 運動会のはちまきとか、プリントとか間に合わなかったみたい。
担任が どんな事をしても間に合わせるべきだったんだろうけど、
その事が『いじめられた』となっている。学校側も教師のいじめを認めている。とかならず文面にあるけど、行き届かなかった不手際を謝罪しただけ。
本人と親が 『いじめだ!』と強く主張して 新聞社に投書したのがはじまり…時が時だけに大騒ぎになってる。
一番傷付いてるのは 在校生。  現実と報道の違いにかなり戸惑っているみたい
Posted by おっきい真由美 at 2006年10月29日 02:43
そっか、やっぱりどうだったのか。
おっきい真由美、情報ありがとうね。やっぱり報道の独り歩きだったんだね。
最近の報道って、なんでこんなに偏っているんだろう?
何故一報の言い分だけを聞いて、それが全て正しいと報道してしまうのだろうか?
本人と親が「いじめだ!」と、新聞社に投書する必要があったのだろうか。これがいじめなら、全国の学校すべてがいじめ学校になってしまう。
学校にも不手際があるかも知れない。でもそれは学校の先生も人間なんだから、全てのことに100%対応はできない。
学校側の問題も多いけど、親の問題も大きいと思うな。そしてそれを誇張して煽るマスコミ。
事実をしっかり把握し、正しい情報を発信してほしいよね。
Posted by island at 2006年10月30日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548488
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック