2006年10月16日

心苦しいニュース

辛いニュースが流れていました。
朝から目にした映像は、自殺した生徒の家に事情説明に向かった学校関係者でした。
福岡で起きた中学2年男児の自殺事件。
こともあろうに、いじめを阻止する側でなくてなならない、先生の言葉でいじめが広がったらしい。

この教師のやったことは、決して許されることではありません。
そのことにより、どれだけ生徒が傷ついたのか、そしてそのことによっていじめられたのか。
その事を考えると、この教師の罪はとても重いと思います。

しかし、今日のテレビの映像を見ていて、ちょっと異様な雰囲気を感じていました。
両親に責め立てられて、祭壇の前で肩を落としている教師。
可愛い我が子をいじめによって失ってしまった、両親の気持ちは痛いほど解ります。
でも、この場面をテレビで全国に流すのは、本当に必要なことなんでしょうか?

確かにこの教師には、責任があります。でも、いじめをしていたのは生徒達です。
もちろん生徒達にも責任があるはずです。しかし映像を見ていると、この教師が全て悪くて、今回の自殺の原因はすべてこの教師にあるようなイメージに伝わってきます。
事実を報道するのが報道の仕事をしている人たちの役目だと思いますが、これは報道しなくてはいけなかったのでしょうか?疑問に思います。

報道の怖いところは、一部分だけをみせることで、いかにもその人が極悪人にみせることができることです。
日頃は紳士に振る舞っている人が、たった一度だけカメラの前で暴言を吐いたとしたら。
いつもは穏やかなのに、この日だけ虫の居所が悪く、体調も悪くイライラしていたとしたら。
しかしその映像を何度も何度も流すと、この人の印象はとても悪いものになってしまいます。

今回の教師の件も、何もカメラの前で行う必要はなかったのではないでしょうか。
何かカメラの前に去らし出すことで、悪役作りをしている感じがして、あまりいい気がしませんでした。
確かにこの教師は悪いです。しかし、全てこの教師が悪いのではなく、いろんな要素や人がからんできて、今回の最悪の事態になったハズです。

亡くなった少年はもう帰ってきません。両親の胸の張り裂けそうな心の痛みも、本当によく解ります。
でも、この教師1人を悪役にしても、何も解決はしないと思います。
他にも生徒に暴言を吐く教師はきっといるだろうし、教師でなくても平気で人を罵倒する人は、世の中に沢山います。
1人で傷ついて死を選んでほしくなかったです。なぜ親に相談しなかったのでしょう。なぜ親は気づいてあげられなかったのでしょう?

学校は、私達親は、本当に子供のことに真剣になっているのでしょうか?
本当に真剣になっているとしたら、この子は救うことができたのではないでしょうか?
そんな気がしてなりません。例え学校でいじめられたとしても、親が気づいて子供と一緒に戦えば、子供は立ち直るかも知れません。
もちろんいじめは絶対にいけないことです。でも、起きた場合には最後の味方はやっぱり親です。

今回の事件で、ますます学校と親の間に溝が出来た気がします。
でも本当はその溝を埋める努力を、双方がしなくてはなりません。
開いたその溝に子供たちは落ちていき、今回のような最悪の結果を招くのです。
教師1人を責め立てて、責任をとらせて終わりにするのでは無く、それぞれが考えて改善をしていかなければ、何も変わらないと思います。
最後になりましたが、亡くなった少年のご冥福をお祈り致します。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548479
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック