2006年09月20日

放送終了から一週間

今日は水曜日です。
いつもなら「坊や〜良い子だねんねしな〜♪」って音楽がテレビから流れてくるのに・・・・。
本当に終わっちゃったんですね。本当に悲しいです。
今日はその時間帯に、「KUNOICHI 2006」というのを放送していました。
いろんな障害物をクリアしていって、タイムを競うというものでした。

今ごろまんが日本昔ばなしが終わったことを知らずに、この番組を見て「あれ?」って思っている人もいるだろうな〜って思いながら、虚しい気持ちになりました。
番組終了後から、MBSのホームページには番組終了を惜しむ声、そして放送再開を望む声が本当に沢山寄せられています。
もちろん私も一声投稿して来ましたが、自分の投稿がどこにあるのか探せないほど、物凄い数の書き込みです。
こんなに沢山の人に愛されていた番組だったんだな〜と、改めて思うのと同時に、これだけ必要とされていてなんで終了するのだろう?という怒りにも似た疑問がふつふつと沸き上がってきます。

MBSのホームページに書き込んでも、結局は放送するのはTBSなので、MBSがいくら続けたくてもTBSが拒否したらどうしようも無いのでしょうね。
しかし何故、視聴者が必要としている番組が打ち切られ、別に望んでもいない番組が次から次へと企画されるのでしょうか?
テレビ局というところが、どのようなものなのか?私は当然知りませんし、知人にテレビ局の人間もいませんのでよく解りません。
でも、最近のテレビって視聴者からかけ離れていってませんか?そう感じるのは私だけでしょうか?

そりゃ〜テレビ点けて、何気なく見ている番組もあります。でも決してその番組を見たいと思って見ているのでは無くて、いわゆるチャンネルを回しながら「これでいいか〜」って感じで見ている番組が多いです。
特にゴールデンタイムの番組はそんなのが多い気がします。

確かにテレビ局としては、視聴率が取れる番組が欲しいと思いますが、それ以上に一つの番組を続けることも大事なことだと思います。
特にまんが日本昔ばなしは、子供たちのためにも、子供を持つ親のためにも、ず〜っと続けなくてはいけない番組だと思います。

これだけ沢山の視聴者の声が上がってきていることを、テレビ局としてどう受け取るのか?
そのまま知らんふりして通すのなら、TBSの信頼は一気に落ちるでしょうね。
本来テレビと言うのは、視聴者が見たい、見せてほしいものを放送するものです。
そんな声を無視して、自分たちの思い込みだけで番組を制作して放送してほしくはありません。

一日も早い放送再開を願い、また書込をしたいと思います。
これを読んで「そうだそうだ」と共感して頂いた方、おられましたら是非番組ホームページに声を寄せて下さい。
http://mbs.jp/mukashi/index2.html
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
本当にテレビの世界って、おそらく庶民の生活からはかけ離れた世界なのかなー、と思います。友人のご主人があるテレビ局のディレクターだったのですが、自分の子供にはテレビ局への就職を勧めず、そのお子さんは自衛官になりました。
お母さん方の“子供に見せたくない番組”というアンケートが毎年発表されますが、いつも一位はテレビ朝日の「ロンドンブーツ」とか言う番組です。チラッとだけ見たことあるのですが、男女の恋愛をおもちゃのように扱うものだったように思います。これが一向に中止にならず、しかもゴールデンタイムに放送されているというのはどういうことでしょう。
志を高く持って、良質な番組を作って欲しいですね。

ところで、下のつぶやきで、「目を回さず、脳みそを回すように・・・」で吹き出しちゃいました^^islandさんの、熱い時はとことん熱く語り、時にさりげないジョークがちりばめられている、そんな世界がとっても魅力的です。でも、islandさんは十分脳みそも回っていますよ!
Posted by 春眠 at 2006年09月21日 09:12
春眠さん、知り合いにテレビ局の方がおられるのですね。
やっぱり庶民の生活からかけ離れた世界なのでしょうね。
子供に見せたくない番組、この番組は私も好きではありません。人間の心をもて遊んでいるようで、嫌な気分になります。
面白ければいいってもんじゃないと思うのですけどね。
でも、毎回アンケート結果の上位にくる「クレヨンしんちゃん」は好きです(笑)
確かにこの番組を見て、子供の言葉遣いがしんちゃん口調になったりしますが、クレヨンしんちゃんには、現代社会の親子愛が表現されている気がします。
「目を回さず、脳みそを回す・・・・」ウケましたか(笑)
好きなようにつぶやいている、この「islandのつぶやき」ですので、そんな風におっしゃって頂けると嬉しくもあり、照れ臭くもあります(笑)
これからもマイペースで好きなようにつぶやきますので、お付き合い頂けると嬉しいです。
Posted by island at 2006年09月22日 09:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548453
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック