2006年09月07日

自然電力の衝撃

昨夜はマジで怖かったです。
何が怖かったって、夕方から夜中まで続いていた雷です。
夕方から時々ピカッと光っていたのですが、すぐに通り過ぎていくだろうと思っていました。
ところが夜になっても、一瞬空が明るくなったと思ったら、4〜5秒後にゴロゴロ〜と聞こえてきます。

「その内通り過ぎるだろう」と思っていましたが、何時までたっても過ぎ去る気配がありません。
過ぎ去っていないと言うよりも、次から次へと雷雲がやって来ているのでしょうね。
時々ピカッと光っては、ゴロゴロ〜と遠くの方でなっています。

夜の9時半頃にサッカーのイエメン戦を見ている間も、空が何度も光っていました。
サッカーはサッカーで、なかなか攻め込みきれないフラストレーションの溜まりまくった内容で、終了間際のロスタイムにようやく1点が入り、何とか勝ちました。
イライラしながら見ていましたが、時折走る閃光がまるでオシム監督の怒りのようにさえ感じました。

サッカーを見終わった後も、雷はおさまるどころか、益々光る回数が増えてきました。
まるでスポットライトのように、チカチカ光る雷そして時折走る稲光。
だいぶ見慣れてきていて、雷の光と音を聞きながらMacを触っていました。
半分楽しんでいるかのように、光る空を見つめていました。
その時です、突然真昼のような明るさになったと思ったら、物凄い音がして地響きが起こりました。まるで地震が起きたのか?と思うくらいに空気全体が振動している感じです。

一瞬何が起こったのか解らないくらいビックリして、完全に固まっていました。
落雷です。夜なのでどこに落ちたか解りませんが、あの衝撃だと結構近かったと思います。
あまりの凄さに、さすがに怖くなってMacを修了し電源を全てオフにして、念のためにMac本体のコンセントは抜いておき、寝ることにしました。

あの衝撃で停電しなかったのが不思議なのですが、朝方新聞等みても特に落雷のことは書かれていなかったので、被害は出ていなかったのでしょうね。
でも、本当に凄い振動でした。今までも雷が凄い時がありましたが、今回のような空気自体が振動するような衝撃は初めてでした。
本当に怖かったです。自然のパワーって本当に凄い力なんですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548440
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック