2006年07月20日

新作「竜宮の恋」

ようやく1作品仕上がりました。
今月はかなりローペースです。頑張ってあと1作品描かなきゃ。

それにしても雨凄いですね。
あちこちで豪雨による被害が出ています。亡くなられた方もおられるようで、心よりお悔やみ申し上げます。
まだまだ雨は続きそうなので、本当にくれぐれも注意しないといけませんね。
早く梅雨明けて欲しいですね。

さて、話は戻って新作のお知らせですが、今回はタツノオトシゴをモチーフにしています。
この構図はだいぶ前からぼんやりとイメージしていたのですが、ようやく形にすることが出来ました。
タツノオトシゴが向かい合ってハートの形になるように、イメージしていたのですが、途中で無理っぽくて諦めかけたのですが、なんとなくハートに見えるでしょ(笑)

前回の「お空のごちそう」は、かなりリアルに描くことに注力しましたが、今回はイラストっぽく仕上げることを目指しました。
タツノオトシゴもなるべくリアルにならないように、それでいてタツノオトシゴと解るように描いたつもりです。

タツノオトシゴって水族館で見たことはありますが、実際に海で見たことがある人って少ないと思います。
私も最近は見た記憶がありません。
昔、子供の頃に釣りをしている時に、よく見たことがありますが、それ以来は見ていません。
よくよく考えたら、とても不思議な生き物ですよね。何でこんな形なんだろう?って改めて思います。

子供の頃(たしか5〜6歳)に、海で遊んでいてタツノオトシゴを捕まえたことがあります。
海岸の浅瀬で泳いでいるのを捕まえました。とても珍しかったので家に持って帰ろうと、適当な入れ物を探して、海水を入れ持ち運びました。
途中で車で通った人がタツノオトシゴを見て、とても興味を示して「売ってくれないか?」と言われましたが、子供心に「親に見せたい」という気持ちで断りました。

家に持ち帰り母に見せましたが、途中で売ってくれと言われたと話すと「売ってくればよかったのに」と言われたのを覚えています。
小さい子供だったのでお金の価値も解らず、それよりも「見せたい」という気持ちの方が強かったのだと思います。
今、同じ年齢になった息子が同じようなことをしたら、私もきっと「売ればよかったのに」と言うでしょう(笑)

その後、タツノオトシゴをどうしたのか記憶にありませんが、多分海にもどしたような気がします。
イラストを描いていて、そんなことも思い出しました。
また海の中でタツノオトシゴに会ってみたいですね。

060720.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新作のお知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548395
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック