2006年07月05日

本当に撃ってきた

朝起きてニュース見てビックリですね。
本当に北朝鮮がミサイルを撃ってきました。それも朝の時点で6発も。
そして夕方にはやけくそとも思えるような7発目を発射。
いずれも日本国土や周辺諸国に被害が無かったから良かったものの、これが国土に着弾したら大変なことです。

本当にこの北朝鮮という国は、何を考えているのか解らない国です。
今日は一日中、このミサイル発射のことがテレビで報道されていましたが、殆どの捉え方が「アメリカに振り向いてほしいから」だそうです。
まるで子供みたいですよね。まともに会話が出来ないから、注目してほしいためにイタズラしたり、物を投げたりする。

拉致問題にしても核問題にしても、最初は紳士的な対応に見せかけ約束を交わし、後から平気でその約束を裏切る行為。
それを繰り返す度にどんどん孤立を深めていっているような気がします。
ちゃんと6カ国協議という場があるんですから、そこのテーブルについて、それぞれの国の立場・意見をキチッと話し合うべきです。

発射されたミサイルで被害は発生していないようなので、不幸中の幸いですが、テポドン2号はどうやら失敗だったようです。
狙ったとおりに飛んでいないようなのです。これって逆に怖いですよね。
脅しで海上に撃ったミサイルが、違うところに飛んで陸上に着弾する可能性だってあるわけですから。

こんな暴力的な方法では、何事も解決しませんし、返って周辺諸国を脅かし立場を悪くするだけです。
日本政府もアメリカ政府も厳しい対応で迫ることになりますが、なるべく平和的な方法で、さまざまな問題を解決していってほしいと思います。
戦争を知らない世代が半数以上の現在の日本。今日ほどミサイルの恐怖を覚えた日は無かったと思います。
緊迫するアジア情勢、平和的解決をそれぞれの国が頑張ってほしいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548380
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック