2006年05月02日

もっと節約を

ゴールデンウィークの最中に、ついにガソリンが値上げされましたね。
今までも高いと感じていたのに、一気に1リットルあたり10円以上も値上げです。
こうなったら車乗るのやめて、みんなで歩きますか(笑)

でも真剣な話、近所のスーパーに行くのは、車をやめて歩いて行こうかと思うくらい、庶民にとっては痛い値上げです。
以前にも「景気拡大と言っているが実感がない」とつぶやいたように、どうやら今言われている景気拡大は、一部の層だけで、一般庶民に恩恵が出てくるのはしばらく先になるそうです。
そんな状態でガソリンは上がるは、第3のビールは増税されるは、あげくの果てに消費税8%なんて話も聞かれるは。
これじゃまるで格差社会を強めようとしているようにしか感じませんよ。

一般庶民は本当に苦労して節約しているのに、せっかく節約しても、その分をガソリン値上げ、増税で持っていかれては、本当に何のために働いているのか?って思いますよね。
さらなる節約って・・・こうなったら自給自足の生活でもしますか(笑)

しかし冗談抜きで節約できるところは節約していかなくては、たまったもんじゃありません。
ガソリンも極力車を乗らないようにして、乗ってもガソリンをなるべく使わないようにしたいですね。
以前テレビでやっていましたが、運転方法を注意するだけで、燃費がかなり違うようです。
信号待ちでのエンジンストップ、無駄なアクセルの踏む込み等をなくすことによって、リッターあたりの燃費が3〜4km延びるようです。(車にもよりますが)
私も最近は信号待ちが長いところは、必ずエンジン切っています。もちろんアイドリングなんてしません。
車の発進時もアクセルをブォーンとふかすのではなく、ブレーキを離した時に車が動き出す力を利用してから、ゆっくりアクセルを踏みます。

まだ実際の燃費を計測したわけではないので、「燃費がこれだけ延びた」とは言えませんが、良くなっているのは事実です。
とにかく少しでもガソリンの消費を押さえるようにしたいですね。

しかしこの原油の高値、長いこと続けば交通機関への影響が懸念されます。
バス・タクシー料金の値上げ、航空運賃の値上げ、終いには運送料金の値上げに繋がりかねません。
そろそろ石油から次のエネルギーへの移行を、真剣に考えていかなくてはならない時期ではないでしょうか。
クリーンで安全なエネルギーの確保、日本の高い技術力を持ってすれば不可能なことではないと思います。
そのために税金を使うというのなら、私は喜んで税金を納めます。
どうかひとつ、無駄な税金使っているところのお金を、次世代エネルギー開発研究のために、まわして下さい。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548315
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック