2006年03月19日

ドラえもんを見てきた

予定通り行って来ました。「ドラえもん・のび太の恐竜2006」
朝早く出かけたので、駐車場待ち渋滞も無く入れました。(いつも休日のお昼ごろ行くと駐車場に入るまで30分ほどかかる)

ところが駐車場は渋滞なしでしたが、映画館の中は行列になっていました。
私達のように朝早くから出かけてきた人たちなのでしょうね。
とりあえず並んでチケットを購入しました。

ダイヤモンドシティと呼ばれる大型ショッピングモールの中にあるので、さまざまなお店が入っています。
上映時間まで1時間半ほどあるので、いろいろショッピングや軽く昼食をとって、再び映画館へ。
お決まりのポップコーンと飲み物を買って入場口へと向かいます。
さすがに子供連れの家族でいっぱいです。
我が子もず〜〜〜っと楽しみにしていた、このドラえもん。
嬉しくて仕方ないようです。

そして始まったドラえもん。
声優の声が変わり、また絵のタッチも微妙に違い、最初は何か違和感のようなものがありましたが、見ているうちに慣れてきました。
ストーリーは大人から見ると、だいたい先の展開が何となく読めるような、単純なストーリーですが、子供にとっては楽しめたようです。
しかし、映画館で見るのででかいスクリーンに、ドルビーサラウンドの臨場感ある効果音。
ティラノサウルスが出てくる時の、地響きは大人でもちょっと怖かったです(^^;)
このドルビーサラウンドで「ジュラシックパーク」見たら、チビってしまうかも知れない。なんて思いました(笑)

映画も見てその後も買い物などして帰ったので、家に帰った頃はすっかり日が暮れてしまいました。
一日いっぱいダイヤモンドシティにいた感じです。
映画館で見る映画ってやっぱりいいですね。たとえドラえもんでも(笑)
さて次見る映画は何になるのかな?大人だけで見る映画は当分見れそうにないので、子供との映画がメインになりそうです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
今回のドラえもんは近年になく力入っていますからね。
作画を見ていてもお金をかけているのが
わかります。
でも、大感動、と言うほどでもなかったようですね。
同じ10chのしんちゃんに子供映画の座は奪われたままなのかな。

「のび太の恐竜」は小学生の時に見に行って感動した思い出の映画です。
映画館で見ることはないと思うけどいその内TVででも見てみたいですね。
Posted by えかきさる at 2006年03月20日 13:43
えかきさるさん、小学生の頃に「のび太の恐竜」を見ているのですね。
大人の目で見てしまうと「大感動」とまではいかないかも知れませんが、子供の目で見ると絶対に感動すると思います。
最後の別れのシーンはやっぱりジーンと来ましたからね。
子供映画この時期は多いですね。他にも「怪傑ゾロリ」や「名探偵コナン」「クレヨンしんちゃん」等、まだ公開前のもありますが、子供が見たがる映画ばかりでした。
Posted by island at 2006年03月21日 08:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548268
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック