2006年03月09日

リサイクルに逆風

最近テレビでよく聞く言葉が出てきました。
「BSE」ならぬ「PSE」です。何でも「電気用品安全法」というのが出来ていて、このPSEマークが付いていない製品は、4月1日より売ってはいけないらしいのです。
私もこんな法律があるなんて知りませんでしたし、何よりもリサイクル業界の中でも、つい最近知ったという方が多いらしいのです。
それくらい浸透していなかったようです。

法案自体は4〜5年前から出来ていて、徐々に該当製品を増やしてきたようですが、肝心の周知の方がおろそかになっていたんじゃないでしょうかね。
一般人が知らないのならともかく、中古家電を扱かっているリサイクル業者でも最近知った人がいるというのですから。
4月から売ることが出来なくなるということで、今PSEマークのついていない商品は、ほぼたたき売りに近い状態らしいです。
在庫を抱えるとそのまま「売れない商品」として抱えなくちゃいけない訳ですから、リサイクル業界も必死です。

しかし意外なところでも問題が起きているようで、この電気用品安全法は家電だけでなく、音楽機器も含まれているようです。
中古の電気楽器やアンプなども含まれるため、「古き良き品が手に入らなくなる」ということで、ミュージシャンの中からも反対運動が起きているようです。
昔のシンセサイザー等は、音そのものが創作に大きな影響を与えるので、創作自体が出来なくなる可能性もあるという、作り手としてはまさに致命的な問題でもあるようです。

安全に電気製品を使うために設けた法律なのでしょうが、それによって困る人や創作活動を妨げられるようでは問題ですね。
リサイクルすることはとても大切なことですし、物を大切に使う上でも必用なことです。
販売業者が試験機器を通して、自身で試験をすればPSEをクリアしたということで、販売可能らしいのですが、その分責任も負わなければならなくなります。
何でもかんでも「ダメ」というのではなく、柔軟に対応してほしいと思うのですが。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
私もこないだ知りました。もしかして内容を読んでいると同じニュースの特集をみたのではないでしょうか。
最近、雑貨屋にいってもPSEに注目してなんでも商品の裏をみるようにしています(^^;
中国製や韓国製などのメーカーのわからない商品でも最近の電化製品には結構PSEマークはついてるものですよ!!
最近はリサイクル専門業者が増えていますが、これからはPSEマークのないものは売れないので、売るほうも買うほうも大変だと思いますよ。
国はもう少し考えてくれないと、どんどん悪質な不法投棄などが増加していくのではないかと思います。
私のPCも壊れたらお金出してひきとってもらうしかないのでしょうか(^^;
Posted by かーくん at 2006年03月10日 11:11
私もその特集番組を見ました。
リサイクル業界が活況なのはとてもいいことですよね。
限りある資源を有効に、且つ、環境にも優しくて。
ところが、行政と言うのはとかく下々の現場を知らずして、勝手な線引きや規制を突如押し付けてくる傾向がありますね。
PSEマークが付いていなくたって、良好な製品はあるわけで、そこら辺をきちんとフォローして欲しいですね。
かーくんさんが仰るように、不法投棄が増えそうです。
Posted by 春眠 at 2006年03月10日 12:33
かーくん、最近よくテレビでこの話題取り上げられていますよね。
本当に国はもう少し考えてくれないと困りますよね。
PSEマーク、私はそんなこと意識して買ったことないなぁ〜。リサイクル品を買うこと自体が少ないしなぁ〜。
今のPCはリサイクルになってるけど、古い物はお金出して引き取ってもらうしかないね。
私も昔のモニター3,000円出して引き取ってもらいました。

春眠さん、行政のやることってどうしてこんなにチグハグなんでしょうね。
本当に現場を知らずして、会議室だけで論議をしているみたいな感じです。
「踊る大走査線」で「事件は会議室で起きているんじゃない、現場で起きているんだ」ってセリフがありましたが、まさしくそんな感じです。
もっと市場を理解してリサーチして、その上で進めるべきですよね。
Posted by island at 2006年03月11日 10:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548258
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック