2006年01月29日

戦艦大和完成

24日の晩から制作開始した「戦艦大和」がようやく完成しました。
ちょっと折れてしまったパーツがあったり、なかなか接着できなくて接着剤が表に出ていたりしますが、何とか完成です。
あぁ〜〜〜〜〜ちかれた・・・・(@▽@;)

子供は大喜びで大和を持って、家中を歩き回っておりますが、私としてはどこかに飾って置いて欲しいのですが・・・。
何せパーツが細かいものだから、ちょっとでも落としたりぶつけたりすると、簡単にポキッといってしまいそうな部分ばかりです。
でも子供にしてみたら、手に持って大海原を突き進む大和を想像しているのでしょうね。

今回、二十数年ぶりにプラモデルを作ったのですが、プラモデルってこんなにも細かい物でしたっけ(^^;)
子供の頃は平気でこんな細かい物を作っていたのかもしれませんが、流石にこの年になって、これだけの細かい物を作ると、体中凝りまくりです。
毎回作業終了後に子供に腰を踏ませていました。子供も私に作って貰っている立場上、素直に腰を踏んでくれました。

しばらくは大和に夢中になって遊びそうですが、その内飽きるだろうな(笑)
私としてはなるべく無傷で飽きて、どこかに飾っておいて欲しいものです。
そして今度プラモデルを欲しがった時には、自分で制作できるような簡単な物を選ばせよう。
もう戦艦物は懲り懲りだ(笑)

海の写真をプリントアウトして、背景におきましたが、もう少し大きめの紙が必要ですね。
写真もうまく撮れませんでしたが、雰囲気だけでも解るかな。

060129-1.jpg

060129-2.jpg

060129-3.jpg

060129-4.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
うおーっ、威風堂々の大和の完成ですね。
海の写真をバックに、「男たちの大和」を見ているようです。
そして、確かに細かい!
さぞお疲れのことと思います。
お子さんが想像の翼を広げて大和とともに航海して喜んでいる姿も親としては嬉しいけれど、これは、お部屋のインテリアとしての価値もありますね。
Posted by 春眠 at 2006年01月30日 14:32
春眠さん、ようやくでき上がりました。もうへとへとです(笑)
子供にとっては手に取って遊んでこそ価値があるのかも知れませんが、何しろパーツが細か過ぎて、ちょっとでもぶつけようもんなら、すぐにポキッといってしまいます。
子供も注意して遊んでいますが、なるべく静かに遊んで、遊び終わったら飾ってほしいと思います。
親のささやかな願いです(笑)
Posted by island at 2006年01月30日 23:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548219
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック