2006年01月23日

逮捕劇、真相は?

テレビが「ホリエモン逮捕」一色になってしまいましたね。
それにしても強制捜査から逮捕まで速かったこと。
耐震偽装問題の時とは比べようが無いですね。

今回のライブドア強制捜査から、堀江容疑者逮捕までの流れ、どうも中身が見えない気がしてなりません。
容疑があまりにも難しすぎて、私のような人間には理解できないことなのかも知れません(^^;)
果たして本当に悪いことをしたのか、それとも何か裏があるのか、解らないところですね。

ライブドア、そしてホリエモンの登場は、良くも悪くも日本の経済界に活気をもたらしたのは確かだと思います。
今までの生ぬるい経済界に、あらゆる戦法を使って挑んで行ったことは、有る意味価値のあることだと思います。
しかし、その一方で相手の気持ちを考えない、「お金が全て」みたいな冷たいイメージで、敵を多く作ったのも確かでしょう。

今回の逮捕劇の真相がどこにあるのか、私にはさっぱり解りませんが、これまでの経済界の逮捕劇とはあきらかに違うということだけは感じます。
私個人としては、ホリエモンは好きでも嫌いでもありません。
経営者としての評価は高く買いますが、人間性としては???という部分がかなりあります。
確かに儲けるのは悪いことではありません。でも、儲けるために法律すれすれのところを「合法だ」と胸を張ってやるのも、モラル的にどうかな?とも思います。

会社と言うのは、そして仕事というのは、社会に貢献することが第一前提だと私は思っています。
古い考え方かも知れませんが、社会に貢献してその功績が認められてはじめて利益というものが生まれます。
そして利益よりも大切な物が生まれてきます。それは信頼。この人なら信頼できる、この会社なら信頼できる。
この信頼が続く限りは、たとえ赤字であろうが、経営が苦しかろうが、そこを乗り切ればまた利益が生まれてきます。
ライブドア・ホリエモンには、利益はあっても信頼が無かった気がします。

今回の逮捕劇は、いろんな波紋を呼ぶことでしょうが、一つの教訓として今後に活かして欲しいですね。
そしてライブドアならびに堀江容疑者も、「何も悪いことはしていない」では無くて、今後はもっと愛される企業になるように、利益同様に信頼もある会社作りに頑張ってほしいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548213
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック