2005年12月18日

インターナショナル ランプワークフェスタへ

今日は神戸へと出かけて来ました。
本当は午前中の時間帯に出かけるつもりが・・・・・昨夜の飲み過ぎで起きたのがお昼(@o@;)
お昼過ぎに家を出て、高速飛ばして、何とか一時間弱で到着しました。

向かった先は六甲アイランドの神戸ファッションマート。
ここで開催されている「インターナショナル ランプワークフェスタ」へ行くためです。
実は私の中学校時代の同級生が、鹿児島でとんぼ玉の作家をしていまして、現在このインターナショナル ランプワークに出展しているのです。

5年前の同窓会以来会っていないのですが、お互いネットを通じていろいろと情報交換していましたので、今回は是非・・・と思い足を運びました。
まず会場に入って驚いたのが、出展している方の多さと、作品のレベルの高さ。
私はとんぼ玉やランプワークは全くの無知ですが、どれもこれも「どうやったらこんな物が創れるのだろう?」と思える作品ばかりでした。

ところで私の同級生はどこじゃぁ〜〜〜と見渡すも、あまりに人が多いのでさっぱり解りません。
すると嫁さんが、出展者のリストが載っている会場図を見つけ、ようやく場所を確認。
久々の再会でしたが、何故か久々の感じがしない(笑)
やはりネットでお互いの情報などを解っているので、そんな気がしないのかも知れないですね。
でも、やっぱり実際に会って話しすると嬉しいものです。

お互いの近況のことや、同窓会の事などいろいろ話しました。
お客さんも沢山来られるので、あまり邪魔にならない程度で、久々の再会を楽しんできました。
そして改めて、彼女の創るとんぼ玉の凄さに感動して帰りました。
興味のある方は、是非サイトに足を運んでみて下さいね。
http://www4.ocn.ne.jp/%7Ebiitama/

その後、夕食をとるために、久しぶりにハーバーランドのモザイクへと向かいました。
ちょうどクリスマスの時期です。モザイクに向かう道の両わきの街路樹全てに、電飾が飾られていて、まるで光のアーチを走っているようでした。
そしてモザイクの中も、もうクリスマス一色です。
中でもブルーのクリスマスツリーがあって、とてもキレイでした。
風が冷たく本当に寒い中でしたが、大勢の人がこのクリスマスツリーの前で記念撮影していました。

夕食を食べて、ウインドウショッピングを楽しんで、帰ろうとしましたが、子供が「観覧車に乗りたい」ということで、観覧車に乗ってから帰ることにしました。
観覧車の中から、神戸の夜景を楽しんで、子供も私達も満足して帰ってきました。
帰る途中、高速の乗り口から、ちょうどルミナリエの会場が見えて、とてもキレイでした。
後続車がいなかったので、ゆっくりと走りながら、遠めにルミナリエも楽しむことができました。

大寒波の中で本当に寒い一日でしたが、同級生と久々に再会して、彼女の作品を見てその頑張りに私もパワーをもらいました。
寒さも吹き飛ばすほどの、暖かい気持ちと情熱を貰い、そしてモザイクではクリスマスを間近に、家族連れやカップルの幸せそうな雰囲気の中、私達も寒さも忘れて楽しむことができました。

051218-1.jpg
同級生の作品の数々

051218-2.jpg
みごとなとんぼ玉

051218-3.jpg
いったいどうすればこんな玉が創れるのだろう?

051218-4.jpg
記念撮影 右から同級生の「とんぼ玉 美玉舎の るりさん」中央が私。左がご一緒されていた「シャンソン娘。さん」

051218-5.jpg
モザイクのクリスマスツリー
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | アート
この記事へのコメント
日曜日は遠い所をお越しいただきまして
ありがとうございました。
月・火とお勉強して昨日の最終便にて帰ってきました。
色んな方にお会いできて、
色んなお勉強をさせていただいて
楽しい神戸でした。
また関西に行く事がありましたらお会いしましょう。
Posted by シャンソン娘。 at 2005年12月21日 10:02
シャンソン娘。さん、お疲れさまでした。
私の方こそ楽しい時間を過ごさせて頂きありがとうございました。
クリスマスイルミネーションに煌めく、神戸の夜も楽しむことが出来ましたし、とても充実した一日でした。
シャンソン娘。さんも、いろいろ勉強になったようで良かったですね。
また関西に来ることがあれば連絡下さいね。
Posted by island at 2005年12月22日 00:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548175
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック