2005年10月23日

学園祭に行ってきた

今日はちょっとお出かけしてきました。それも行き先は学校です。
学校は学校でも奈良芸術短期大学の学園祭に行って来ました。

実は印刷会社勤務時代の、後輩デザイナーがこの学校の出身で、尚且つ現在この学校の臨時の職員なのです。
「学園祭があるので遊びに来ませんか」ということで、家族揃ってお出かけして来ました。

着いたのがお昼過ぎていたので、まずは腹ごしらえ。
いろんな模擬店があったので、いろいろ食べました。

その後は、後輩の案内で各学科の作品展示へと足を運びました。
日本画や映像学科、そして私の仕事に最も近い、グラフィックデザインとイラストレーター学科。
グラフィックデザインは、仕事柄最も気になる物だったので、一つ一つゆっくりと見て回りました。

それぞれに課題があるようで、環境問題や子供の教育問題、動物愛護問題等を、ポスターでいろいろと表現していました。
「なるほど、こんな表現があるか」と思ったり、「もうちょっとこんな風に表現したらいいのに」と、ちょっと意地悪な見方をしたり・・・でも、皆一生懸命取り組んでいるのが伝わってきて、未来のグラフィックデザイナー達の躍動感を感じました。

そしてイラストレーター学科では、個性的なイラストやアニメーション、そして絵本も展示されていて、とても興味深く拝見して来ました。
コンピュータグラフィック作品から、水彩画まで多種多様な作品が沢山並んでいて、とてもいい刺激になりました。

絵本もいくつかあって、なかなか面白い物もありました。
入り口でアンケート用紙を渡されたので、おせっかいにも「こんな風にしたらもっと面白いかも」と絵本の感想を書いて入れてきました。

私は高校までも奄美で過ごし、このような芸術学校が近隣に無かったことと、家が貧しかったこともあり、高校卒業後は働くのが当然と思っていました。
卒業後就職して、お金の為働く内に「仕事のやりがい・夢」という事を考えるようになり、結局途中で進路変更して現在の仕事に繋がっています。

本来はこのような芸術学校を卒業して、学んだことをベースに仕事でさらにレベルアップしていくのでしょうが、私にはこのような学歴が全くありません。
よく「どんな学校に通ったのですか?」と聞かれるのですが、その度に「いえどこも通っていないんです」と申し訳なく答えています。
何も学歴が全てでは無いのですが、やはり若い内にこのような事を、学べる環境というのは本当に羨ましいと思いました。

毎年、このような学校から、多くのクリエイターの卵が誕生して、日本のクリエイト業界を活性化させているのでしょうね。
私も若いクリエイターの方々のパワーをもらって、自分の作品創りに活かしていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548118
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック