2005年10月20日

やっと年賀状制作開始

ようやく年賀状サンプル制作開始。
結局、いつもと同じ時期になってしまいました(汗)
今年はすでに数人の方から「年賀状お願いね〜」と頼まれていて、早くサンプルを作らなくては・・・・と、気ばかりが焦っていました。

本日、20点ばかし制作したので、明日で何とか目標の40〜50点を仕上げたいですね。
もう10月も後半だし、あっという間に11月になり年賀ハガキも発売されます。
11月・12月は年賀状印刷に忙しくなりそうです。

年賀状って年々減っているみたいですね。
私は時代と逆行して、年々増えてます(^^;)ここ2〜3年は横ばいかな?
でも、今回は何だか増えそうな気がします。
もう何年も会ってなくて、年賀状だけのお付き合いの人ってけっこういるんですよね。
でも、「会ってないから」という理由で出さなくなると、もうそれっきりのような気がして、ず〜〜っと出しています。だから年々増えていくのでしょうね。

一年に一回でも年賀状で、その人の安否や状況が解るので、それだけでも年賀状をやりとりする意味があると思います。
いくらメールで便利になったと言っても、やはりメールでは物足りないですからね。
それに年賀状って、その人の個性が出てきますよね。
とってもシンプルな年賀状の人、毎年凝った年賀状を送って来る人、毎年同じ型式の年賀状を送ってくる人、一目見ただけで「あの人だ」って解ったりします。

私が制作した年賀状も、それぞれに選ぶ人によって好みが違うので面白いです。
毎年、「へぇ〜このレイアウトが人気あるんだ」とか、「これ気に入っているのに人気ないなぁ」とか、いろんな発見があります。
それを参考にして、次の年に制作をするのですが、それでも新しい発見があります。面白いですね。
しかし自分で制作した年賀状を、使用してくれた人から送られてきた年賀状は、やっぱりちょっと小恥ずかしいです。
だいぶ慣れてきましたが、最初はとても妙な気持ちでした。

明日は頑張って残りの点数を仕上げて、早急にサンプル帳仕上げたいと思います。
さぁ、ゆっくり寝て明日も頑張るぞぉ〜。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:30 | Comment(4) | TrackBack(0) | 仕事
この記事へのコメント
もう年賀状の事を考える季節になったんですねえ。
年末は歌関係が忙しく、年賀状はいつも手抜きです。(^^;;
今年は実家に犬が来たので(ビーグル)その写真を撮ってきたら作ってあげるよ友人に言われてはおります。

来年の春頃にお知らせの葉書を書こうかなと思ってますが
イラストとか書いていただけるかしら・・・
年が明けたら直接メールしますね。
(年内はお忙しいでしょうから)
Posted by シャンソン娘。 at 2005年10月21日 14:34
年賀状って、メールをするようになってから
友だち関係はみんなメールで済ませることが
多くなりました。
逆にあまり親しくない人には年賀状だったりします。
Posted by みいみ at 2005年10月21日 17:45
年賀状は自宅プリントのお陰で盛り返したと思いますよ。
プリント物が多いですが、一言でもいいので直筆の言葉が添えられていると
そのひとがそこに存在した証の様な気がして安心します。
全てプリントだと他人が出していてもわからないし…。
Posted by えかきさる at 2005年10月21日 22:25
シャンソン娘。さん、もう10月も終わりですからね。
年賀状が発売されたら、一気に年末モードですよ。
毎年、自分の年賀状は最後の最後になって、「さてどうしよう?」って悩んでいます(笑)
来年の春頃のお知らせって、お引っ越しですか(るりのところでチラッと見た気が・・・)
イラスト、私が描ける物なら喜んで描きますよ。
また連絡下さいね。

みいみさん、やっぱりメールになりますか。
親しい友達ほどメールになるんでしょね。
年賀状って結構コストかかりますからね(^^;)

えかきさるさん、確かに自宅プリントで盛り返してはいるのでしょうが、それでも発売枚数は減っているようです。
年賀状の一言って重要ですよね。
私も必ず一言添えるようにしています。何も書いてない年賀状って、やっぱりちょっと寂しいですよね。
Posted by island at 2005年10月22日 00:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548115
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック