2005年10月15日

子供のお仕事

今日は昨日までのお天気から、一転して雨の一日となりました。
昨日・本日と、地域の子供会のお祭りがあり、お神輿を子供たちで引いて回るのですが、本日は残念ながら中止です。
昨日は我が子は託児所のため不参加で、本日はお祭り参加の予定でしたが、雨に流されてしまいました。
確か昨年も二日目に参加して、途中で雨が降ってちょっとしか出来なかったはず・・・。
もしかして私の血を引いた「雨男」かも知れない(-_-;)

そんな事で、結局お祭りは出来ず、予定していた集合場所に行き参加賞のお菓子をもらって帰ってきました。
本人としてはそれで大満足のようでした(笑)

帰ってきてから早速「お菓子食べていい?」が始まり、もらったお菓子を食べ始めました。
最初はおとなしく食べていたのですが、食べ終わると今度は仕事をしている私にちょっかい出してきます。
私がしている事を真似たいらしく、しきりに「僕もこれやりたいなぁ〜」と横でつぶやきます。
何を真似たがっているのかと言うと、私がいつも描いている「アニマルイラスト」を、自分も描きたいと思っているようなのです。
それも、私がやっている通り、Macとillustratorを使って描きたいようなのです。

以前はタブレットを使い、Paintarを使って落書きをしていましたが、今度はillustratorに興味を持ったようなのです。
しかし、Paintarはアナログの絵を描くイメージに近くて、子供でもまね事で落書きできますが、illustratorはベジェ曲線を使って作業しますので、正直難しいです。
それでも子供は「やりたい」の一点張りで、あまりにもうるさいので試しにやらせてみました。
どうせ難しくてすぐに飽きるだろうと思ったのですが、使い始めるとやめません。ベジェ曲線が使いこなせなくて、思うように描けないにも関わらず、よほど楽しいのか真剣にやっています。

本人はいきなり「サイを描く」と言って描き出しましたが、当然描けるハズも無くとんでもない形に仕上ります。
そこで、まずはベジェ曲線の練習として、四角形と円と三角形を描く練習をさせました。
特に円を描くにはベジェ曲線のハンドルを引っ張って伸ばすという作業が必要で、私の説明通りやって形悪くても円になった時は大喜びしていました。

私としては、子供なのだから紙に思いっきり描くことが望ましいのですが、紙にはいつも描いているので、たまにはいいかなと思いました。
しかし、もしはまったらどうしよう(笑)6歳でillustrator使うなんて聞いたことないぞ。
いつも嫁さんのiMac使ってDVDを見ている我が子なので、パソコンを使うことは、もう日常生活のひとつになってしまっています。
せっかくなので、Macを使って勉強できないかなあぁ〜と思い、Mac専用のフリーソフトを探してみると、子供用のたし算や引き算を遊び感覚で学べそうなソフトを見つけ、早速ダウンロードしました。
お試し版なので機能に制限がありますが、子供は結構面白がってやっていました。
これなら、たし算・引き算も遊びながら覚えてくれるかも知れません。

せっかく子供が興味を持っているのなら、遊び感覚で楽しみながらやらせて、そこから自分の身に付くことを学ばせたいと思います。
もちろん親が教えることも大事ですが、子供が自分からやりたがる環境に持っていけたらいいかなぁ〜と思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548110
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック