2005年09月11日

自民党圧勝

今回の選挙、やはり自民党圧勝の勢いですね。
自民党圧勝と言うより、小泉首相圧勝という印象でしょうか。
昨日のつぶやきでも、同じことを書きましたが、小泉首相の注目の集め方の上手さに対して、他の党首が全く太刀打ちできない形になっている感じですね。

おそらく「郵政民営化」に賛成か反対か、と言うよりも、分裂した自民党が新しくなって、変わっていくのではないか?という期待感で、自民党が票を集めている気がします。
今まではその役割を民主党にゆだねていましたが、どうも言ってる事が自民党とさほど変わらず、そして党としてのまとまりが無い感じで、民主党に期待していたことを、今回のぶっ壊れた自民党に期待しているような気がします。

小泉政権に対する意見は賛否両論ですが、私個人としては今までの政権に比べれば、ある低度評価できると思います。
拉致問題や道路公団民営化、そして今回の郵政民営化も、進展があるということでは評価できると思います。
そして変人とか、人の言うことを聞かないとか言いますが、国のトップに立つ人間ですから、リーダーシップが無ければいけません。今までの政権のように、派閥から選ばれたような首相で、リーダーシップと言うよりも派閥代表みたいな人よりは、多少変人でもリーダーシップを発揮して国を引っ張って行く人間の方が、私は良いと思います。

ただし今回のこの圧勝は、この後の小泉政権に、そして日本の政治にどのような影響を及ぼすのか、国民がよく見ていかなくてはいけないと思います。
そして民主党を始め各野党は、今回の敗北をしっかり受け止め、自民党に負けないくらいの政党を創っていかなくてはいけません。
これからの日本のためにも、ただ単に自民党を否定するのではなく、自分たちの政党のビジョンを、明確に国民に伝えていってほしいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:30 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
自民党は長い間強制的に新井泉さんを監禁虐待して、食事も睡眠も奪い取ったまま迫害している。何の罪もない新井泉さんに強制的にひどすぎる人生を送らせたあげく死に追いやっている。公務員や議員の連中は自分だけ犯罪で優雅な人生を楽しんでいつまでも「雲の上の人」でいたいがために、強制的に新井泉さんを奴隷化して虐待しているのだ。新井泉さんは公務員や議員の家畜や道具などでは決してない!それなのに、彼らは自分だけがいつまでも統治者の地位にいたいがために、新井泉さんのすべてを強奪して公務員や議員の食い物にしてきた。いつまで新井泉さんを苦しめてひどい人生を送らせれば公務員や議員どもは気が済むのか!彼らは非常に残虐な人種であり、自分が権力をふるいたいがために何の罪もない新井泉さんを破壊したのである。このような凶悪犯にのっとられた日本政府を早く滅ぼさなくてはならない。
Posted by 新井泉さんを救う会 at 2007年09月10日 06:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548076
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック