2005年08月04日

iTunes Music Store Japan スタート

いや〜ついにというか、やっとというか待ちに待った「iTunes Music Store」の日本サービスが始まりました。
やはり噂は本当だったんですね。「8月上旬からスタートする」という噂はあったのですが、今までも噂があっては消えていたので半信半疑でした。

早速、iTunesからMusic Storeにアクセスして、国名をチョイスすると、あるじゃないですか日の丸が〜〜〜。
今まで英語表記で、海外のミュージックした聴けなかったiTunes Music Storeが、日本語表記で日本の歌が入っています。う〜嬉しい〜!!

でも、喜ぶのはまだ早いようです。
まだまだ楽曲が足りません。iTunes Music Storeと提携していないレーベルもあり、欲しいと思っても曲が買えないようでは、ダウンロード販売の意味がありません。
予想していた通り、やはりSONYは提携していないようです。しかし、これは時間の問題だと思います。
他の曲がダウンロード販売で売上げを伸ばせば、提携していないレーベルもいずれ提携するでしょう。

一時期、音楽業界(特にCD販売)は、音楽がデジタルコピーされることがCDの売上げを妨げているとして、CDにコピープロテクトをバンバンかけて販売していました。
普通にオーディオCDで聴くには何の支障もありませんが、パソコンで聴くには様々な制限がかけられてしまいました。
わざわざインターネット経由で、音楽再生のプロテクトキーを使わなければ聞けない状態でした。
さらにMacには当然のように非対応で、CDを買っても聴けないという状態になる場合もあったようです。

これは全くの逆効果だったでしょうね。
CDを買いたいと思わせるには、まずその曲を好きになってもらわなくてはいけません。
最近はどこのCDショップでも、当たり前のように音楽試聴できるようになっています。
でも、CDショップにいかなくても、iTunes Music Storeで30秒ですが試聴できます。
試聴して「あっこの曲いい」「もっと聴いてみたい」と思ったら、まずダウンロードして買うと思います。
そしてそのアーティストに興味をもったら、「他の曲はどんなんだろう」と思い、他も試聴します。
ここで、他の曲も気に入ったら、私ならCD買います。

つまりダウンロード販売は、曲のチョイ買いです。
1曲だけ好きな曲があって、その曲を買いたい。これは今まで出来ないことでした。
シングルはありましたが、シングルカットされていない曲なら買えません。
その曲が入っているアルバムを買って、他の曲はどれも好きじゃなかった。そんな経験ありませんか?
そうなると、物凄く損をした気分になって、次からそのアーティストは買わなくなります。

今までCDが売れなかったのは、こんなことが原因だと私は思っています。
もっと気軽に音楽が聴けて、1曲だけ簡単に買うことができれば、気に入った曲は買うと思うのです。
そしてもっと気に入って、そのアーティストが好きになれば、またはアルバムが好きになれば、きっとCDという形で残したい。そう思うでしょう。

私自身、最近音楽をあまり聴かなくなったのも、CDを買わなくなったのも、気軽に音楽を試聴できる環境が無かったのが大きいのです。
わざわざCDショップに出向いて、音楽の試聴なんてしません。
かと言って一日中ラジオから流れてくる音楽を、聴いていることも出来ません。

おそらく、iTunes Music Storeでいろんなアーティストの曲を試聴すると思います。
これで、音楽の幅が広がりそうです。あ〜また、iPodが欲しくなってきました。
iPod買ったら、ダウンロード購入ジャンジャンしそうで怖いです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽/映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548040
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック