2005年08月03日

嬉しい便り

本日、ARTBOXさんから封書が届いた、今年の3月に出版した「NEW ILLUSTRATORS FILE」の来年の出版の案内と、書面が添えられていました。
書面には、絵本「バナナムーン」も発売後、順調なペースで注文も入っている。ということが記されていました。
嬉しいですね。これも絵本を購入して戴いた、皆様のお陰です。改めてお礼申し上げます。

そしてさらに嬉しいことが書いてありました。
私の絵本を読んだ方から手紙を預かっていますので、転送させて頂きます。と書かれてあり、もう一つ封書が入っていました。

封を切って読んでみると、私と同じ奄美出身の方でした。
奄美大島で保育士をしている方のようで、たまたまTUTAYAで「バナナムーン」を見つけて、手に取ったようです。
パラパラッと中身をめくって、プロフィールを見た時、奄美大島出身だと言うことが解り、ビックリしたようです。
そして改めて、絵本を読んでいくと、とても優しい気持ちになり、購入されたようです。

やはり保育士さんということで、子供には絵本の読み聞かせが大切ということで、早速保育所の子供に読み聞かせる予定らしいです。
さらには、毎年クリスマスに絵本をプレゼントするらしく、今年のクリスマスは「バナナムーン」にしたい、と書かれておりました。上司と相談してからになるらしいのですが、ご本人はかなりその気のようです。

同じ奄美出身という親近感も手伝ったのだと思いますが、「バナナムーン」に感動し、思いのままにペンを走らせ、お手紙を出してくれたことが、もう嬉しくて嬉しくて、何度も何度も読み返しました。
お手紙にはお名前もご住所も載っていませんので、直接お礼を申し上げることは出来ませんが、ARTBOXさんを通してでも、お礼の言葉を伝えたいと思います。

今まで知人・友人からは、絵本を読んだ感想をたくさん頂戴していましたが、全く知らない方が、偶然バナナムーンを手にして、このような形でお手紙を出してくれたことに、私自身とても感動しています。
第4回絵本新人賞が決まって、出版が決まって、刊行されるまで、「果たしてこの絵本が受け入れてもらえるのか?」「どれだけの人の心に触れることができるのか?」そんな不安があったのは事実です。
でも、決まった以上は「バナナムーン」そのモノのチカラを信じるしかない。と気持ちを切り替えておりました。
本当に嬉しくて嬉しくてたまりません。この喜び、感動、感謝の気持ちをずっと忘れないで、これからも心を込めた作品創りにいかして行きたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本
この記事へのコメント
゜☆。・:*:・゜★o(´▽`*)/おめでとう♪
こんな嬉しい事ありませんね!
お手紙がくるなんて〜〜
しかも クリスマスのプレゼント!!
沢山の子ども達に届くと良いですね。
きっと 上司の方も賛成して下さいますよ。
Posted by いぶき at 2005年08月04日 00:35
いぶきさん、ホントこんな嬉しいことはありません。
いくら絵本が気に入っても、手紙を出すということは、けっこう勇気のいるものです。
クリスマスのプレゼントは、果たして実現するのか解りませんが、ひとりでも多くの子供に見てほしいので、実現してほしいですね。
Posted by island at 2005年08月04日 17:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61548039
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック